人気ブログランキング |
<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
森から帰ってくると
おじさん達に同行してハチミツ採集の様子を見せて頂いた森の散策。
集落に帰り着いたのはお昼前でした。

b0170682_153829.jpg


集落ではおばちゃん達が井戸端会議の最中。
この地域ではもう3ヶ月もまとまった雨が降っていないそうで、
おばちゃん達の集まりは水辺ではありませんでしたが...

b0170682_161798.jpg

b0170682_118869.jpg

b0170682_171249.jpg


よそ者が来ることすら稀なジャワ島最果ての集落。
いわんや日本人が4人も来たので、皆の視線が集まります。

b0170682_181789.jpg


この集落では2年前にも写真を撮っていますが、多くの人が私のことを覚えていてくれました。
子供達の中にも懐かしい顔が...

b0170682_184753.jpg

b0170682_192547.jpg


次の再会はいつになるでしょうか。
近いうちにまた遊びに行けたらイイのですが。


1枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8
2~7枚目:K-5 & FA35mmF2AL

by asang | 2012-09-25 01:23 | Ruralscape
朝の山村で
出張で2泊させて頂いた山村の朝。
朝食の準備が整うまでの時間に、村の回りを散歩することにしました。

橋のたもとで出会った女の子達。

b0170682_23495730.jpg


みんながいつも遊ぶところに連れてってよ、とお願いしたら
村はずれに案内してくれました。

b0170682_23511628.jpg

狭い畦を器用にバランスを取って進んでいきます。

b0170682_2352038.jpg

b0170682_23523216.jpg


藪のほうに駆け出して、草むらに首を突っ込んでいたかと思うと、
マメの莢を掴んで戻ってきました。

b0170682_235376.jpg

b0170682_23533612.jpg

「おじさん、朝ごはん!」とのこと。
おじさんのごはんにするには、量がちょっと足りないなぁ。

「朝ごはん」を頂いて、集落まで戻ります。
道中で萱の葉を摘んで、草笛を吹いていました。
自分も子供の頃に同じように遊んだのを思い出します。

b0170682_23542050.jpg


30分ほどの、素敵な散歩でした。
みんな、ありがとね。

b0170682_2355179.jpg


K-5 & DA*16-50mmF2.8
by asang | 2012-09-20 23:57 | Ruralscape
出張中でゴザイマス (#05)
日本からいらしたお客さんが今朝の便を最後に全員お帰りになり、2週間の出張が終了しました。
長いようでいて、あっと言う間の2週間でした。

ジャワ島の西の果てにて、スンダ海峡に沈む夕日を眺めながら。

b0170682_23582712.jpg

b0170682_2359528.jpg

b0170682_23592989.jpg

b0170682_024772.jpg



3泊したゲストハウスの目の前が海でした。
青い空を背景に昼間のヤシの木も良いですが、
夕暮れのヤシのシルエットもまた絵になります。

b0170682_013836.jpg

b0170682_02562.jpg

b0170682_03985.jpg


K-5 & DA*16-50mmF2.8
by asang | 2012-09-18 23:54 | Event
出張中でゴザイマス (#04)
日本から3名の女性を迎えての2週間の出張。
後半はジャワ島最西端の村に向かいました。

集落ではハニーハンターのおじさん達のハチミツ採集活動に同行します。
焼畑跡地の二次林の中を歩くこと30分。

b0170682_2193367.jpg


ミツバチが巣を掛けている木に到着すると、煙を焚いてミツバチを追い払うための松明づくりが始まります。

b0170682_2203452.jpg


この日に採集をしたハチの巣は、高さ8mぐらいの木の幹にありました。
今回の訪問に当たり、1ヶ月ほど前からお願いして、
集落の最寄りのハチの巣を、この日のために採らずに残して貰っていたのでした。

腰から松明をぶら下げた青年が木に登って、ハチミツの詰まった巣を採集します。
松明の煙に燻されて、パニックになったミツバチが辺りを飛び回ります。
採集活動のあいだ、3人の日本人は飛んでくるハチに刺されないよう、森の中に吊るした蚊帳に入ってもらいます。

b0170682_2212149.jpg


長さ1mぐらいの小ぶりのハチの巣でした。
蜜の詰まっている先端の部分だけ頂き、幼虫がいる部分は採らずに残しておきます。

b0170682_2224036.jpg


採集を終えた後は、火事にならないように松明の火をしっかりと消します。

b0170682_2231931.jpg



この日採集したハチの巣。蜜が詰まっているのが見えるでしょうか?

b0170682_224257.jpg

本当は森のもっと奥深くまで出向いて、大きな巣の採集を見せたかったのですが、
ジャングル歩きの経験のない日本人女性を連れて遠出するのは無理があるので、
小さい蜂の巣ながら、集落の近場でデモンストレーションを見学いただきました。

集落に戻って採れたてのハチミツを頂きます。

b0170682_2243822.jpg


甘くて美味しかったです。
クマのプーさんは、こんな美味しいものを頂いているんですね(笑)。

ハチミツを頂いた後は、ハニーハンターのおじさん達と一緒に昼食です。

b0170682_2252659.jpg


ジャワ島の最西端まで出かけるということで、お三方には長距離移動を強いることになってしまいましたが、
普通の観光ツアーでは経験できない体験に、喜びを感じてくれていると良いのですが...

天然ハチミツの採集については、いずれ稿をあらためて詳しくご紹介したいと思っています。


1・2・6・7・8枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8
3~5枚目:K-5 & DA*60-250mmF4

by asang | 2012-09-17 02:34 | Event
出張中でゴザイマス (#03)
日の出の数分間だけ茜色に染まっていた森も、太陽が昇ると共に色合いを変えていきます。

b0170682_14534489.jpg


後ろを振り返ると、緑濃い雲霧林と宿泊させて頂いた民家が目に入ります。

b0170682_14544568.jpg


この国立公園には、ジャワ島に残された熱帯林のなかでも最も広い森が保全されています。
位置としては、以前に紹介したこの森から、茶農園を挟んで南に2Kmほどの距離にある森です。
ジャカルタから南に100kmほどの距離に、これだけ見事な山地雲霧林が拡がっていることを知らない国民も多いことがモッタイナイですね。


日の出前には絶滅危惧種のワウワウテナガザル(Hylobates moloch)の泣き声を聞くことができました。
私自身はこれまでに何度かテナガザルと対面しているのですが、
残念ながら今回の行程ではテナガザルを目にすることはできませんでした。
代わりにこちらの映像をお借りすることにします。
ビデオの後半に素敵な泣き声を聞くことができますよ。


さて、朝食を済ませて、この森の中に分け入ります。

b0170682_1455465.jpg


森を案内してくれたのは、宿を提供してくださったAdeさん。
この森についての深い知識をお持ちですが、過剰な説明は敢えてせず、
散策者の反応を見ながら必要なときに解説を加えてくれる紳士的な姿勢が好印象です。

b0170682_14564744.jpg

b0170682_14574296.jpg


Adeさんが森のあちこちに自生しているラタン(籐:トウ)の説明をしてくれます。
今の若い人達は、籐椅子とか籐籠、籐の枕などのラタン製品を知らない方も多く、
私が日本語で説明を追加しても、理解いただくことが難しいです。
ラタン、竹と並んでヤシ科の植物は人の生活のあちこちで利用されているのですが、
その世界の楽しさを十分にお伝えすることができません。
今後の私の課題です。
お越しのお三方も、これを期に森の恵みを持続的に利用した、非木材林産物に興味を持ってくれると良いのですが。

b0170682_1458271.jpg

b0170682_1459508.jpg

b0170682_1505897.jpg


明日からは場所を変えて、ジャワ島西端の森に出かけてきます。
どんな体験が我々を迎えてくれるか、楽しみでもあり、怖くもあり...


K-5 & DA*16-50mmF2.8
by asang | 2012-09-09 15:06 | Event
出張中でゴザイマス (#02)
日本からいらした3名の女性をお連れしての、私の仕事現場訪問出張。
週の後半は、ボゴール県南部にある国立公園に出かけます。

日の出前のAM5:30。国立公園に隣接する茶のプランテーションにて朝日が昇るのを待ちます。
文字通りの雲霧林にたちこめる朝霧が美しいです。

b0170682_13535679.jpg

b0170682_13534487.jpg


この場で待つこと20分、山の端から太陽が顔を出します。

b0170682_13544440.jpg

b0170682_13545572.jpg



朝日を眺めながら佇むKさん。
どんなことをお感じになったでしょうか。

b0170682_141842.jpg


乾季が終わりつつあるこの時期は、連日に渡って美しい朝日や夕日が目に出来て、ちょっと嬉しいシーズンです。

b0170682_1413690.jpg

b0170682_1415593.jpg


1~3枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8
4~7枚目:K-5 & DA*60-250mmF4

by asang | 2012-09-08 23:50 | Event
出張中でゴザイマス。
一昨日の日曜日より、業務出張に出ております。
今回のお仕事は、2週間をかけてジャワ島西部を転々としながら、
日本よりいらした3名のうら若き乙女のみなさんに
私が関わる仕事の現場を体験いただくという、なんともドキドキなミッションです。

昨日と今日はジャカルタ湾のマングローブ林を回ってきました。

b0170682_23181244.jpg

b0170682_23171826.jpg


夕暮れを迎えるヤエヤマヒルギの林。
長く伸びた無数の胎生種子がお分かりになりますでしょうか?

b0170682_2319788.jpg

b0170682_2319551.jpg

b0170682_23201927.jpg

b0170682_23204569.jpg


紅く染まる空の下、小船に揺られて宿泊先の民家に向かいます。

b0170682_23212813.jpg


2週間の行程はまだ始まったばかりですが、
20代前半の希望に満ち溢れたみなさんの心に、
10年経っても思い返すことになるような大切な経験を
何かひとつでも提供できたら本望ですね。


K-5 & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
by asang | 2012-09-04 23:24 | Event