人気ブログランキング |
<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
バドゥイの集落で (#03)
サニップさんのお宅に荷を下ろし、集落を見て回りますが
到着が夕方だったこともあり、あっという間に日が暮れてしまいました。
集落には電気がないので、あたり一面は闇です。
わずかに各家庭から漏れるランプの明かりだけが、そこに集落があることを教えてくれるかのよう。

我々よそ者一行は懐中電灯を持って集落のはずれの小川に向かい、一日の汗を流します。
沐浴から戻るとサニップさんの奥さんが夕餉を用意してくれていました。

夕飯を頂いていると、集落の真ん中にある広場のあたりから竹製の楽器、アンクルンの音色が聞こえてきます。
しかも時間を追うごとに楽器の音が増えていきます。
聞くと、数日後に焼畑での陸稲の収穫が予定されていて、収穫にあわせた儀礼を執り行うための練習をしているとのこと。

居ても立っても居られず、早々に夕食を済ませて広場に向かいます。
40戸ほどの小さな集落の真ん中には15m×15mほどのスペースがあります。
そこに集落の男性陣が集まり、めいめいがアンクルンを抱えて輪になっていました。

b0170682_21463769.jpg


子供達も輪に加わり、回りながらアンクルンを奏でます。

b0170682_21473678.jpg


始めのうちは統率が取れておらず、おもいおもいに音を出していただけのようでしたが、
いつのまにか太鼓の音も加わって、メロディが奏でられるようになりました。

木琴の音に似たアンクルンの調べは、ゆったりとしたリズムから始まって徐々にテンポが上がっていきます。
それぞれのアンクルンの動きはシンプルですが、幾つもの音が重なることによって、かなり複雑なアンサンブルとなります。

他所では聞くことのできないバドゥイのアンクルンの調べ。
目の前で繰り広げられている光景に、私は感動で鳥肌が立ちっぱなしです。

本当はデジカメのビデオ機能で録画したかったのですが、
バドゥイでは静止画の写真は許されていても、ビデオ撮影や録音は禁じられています。
音や肉声、人の動きを記録に残すことは許されないということでしょう。
記録できないのは残念ではありますが、一夜限りの最高の経験と思って演奏を楽しませて頂きました。

我々一行が焚くカメラのフラッシュのほかは、明かりは灯されたランプのみ。

b0170682_21485987.jpg


収穫儀礼の練習とは聞いていましたが、電気のない集落での長い夜を過ごすための、彼らなりの楽しみでもあるのでしょう。
よそ者の我々を楽しませるための演奏というような素振りはまったくなく、
演奏は淡々と、いつ果てるともなく長い間続けられました。
その場に2時間ほど居りましたが、床に就くために頃合いを見計らってサニップさんの家に戻ります。

我々一行は敷かれたゴザの上にめいめいがゴロ寝。
静寂な空間にアンクルンの響きだけが続いています。
本当に贅沢な夜だなぁ、と独り感慨に耽ります。
横になってもしばらくは感動で寝付けませんでした。
この夜の素晴らしい経験は、一生忘れることはないでしょうね。

b0170682_2150557.jpg


by asang | 2010-11-30 21:55 | Livelihood
バドゥイの集落で (#02)
バドゥイの文化について記すには私の知識も足りないですし、記せたとしてもかなりの文字数になってしまいます。
幸いにもネット上に幾つかの記事を見つけましたので、リンクを貼らせて貰うことにします。

朝日新聞ジャカルタ支局の矢野記者による『文明を拒絶する村
ジャカルタの邦字誌、「じゃかるた新聞」の掲載記事『バドゥイ族の村を訪ねる
バドゥイについて興味を持たれた方は記事を参考にしてください。

上にリンクした記事にもあるように、バドゥイには「内バドゥイ」と「外バドゥイ」があるのですが、
内バドゥイには外国人の訪問は許されていないと聞きます。
外バドゥイの人であるサニップさんの集落には、許可さえ頂ければ宿泊も許されるということで、
1泊2日で訪問することになりました。

さて、いざ出掛けることになっても、どうやって集落まで行けば良いのか判りません。
また、サニップさんはある程度インドネシア語をしゃべりますが、
村人の多くは民族語のスンダ語しか話せないので、通訳になってくれる人も必要です。
そこで同行は、サニップさんのボゴールでの定宿になっている環境NGOのスタッフのブディにお願いしました。
私とブディの他に、共通の友人ヘルマン、そして青年海外協力隊員としてボゴールに居られたEさんと、
京大大学院生で西ジャワで鳥の研究をされていたMちゃんを加えて、総勢5名での旅行となりました。


ボゴールからバスに揺られて4時間、さらにバス・ターミナルから満員のミニバスに乗り換えて1時間半の移動です。
満員を超えて屋根の上にも乗客が乗る、このミニバスに揺られていきました。

b0170682_10144021.jpg


公共交通のルートからそれる地点でミニバスを降り、そこからは1時間ほど徒歩。
こんな道を、道中に幾つかの村を抜けながら1時間ほど歩いていきます。

b0170682_10162455.jpg

目指すC集落に到着したのは夕方になってしまいました。

近いうちにお邪魔します、とは伝えてあったものの、連絡手段がないために具体的にいつ訪問するかまでは伝えていなかった集落への訪問。
いきなり現れた私達を怪訝な目で見る集落の皆さん...
ブディが居てくれたおかげで怪しまれずにすみ、無事にサニップさんの家にたどり着くことができました。

早速村の様子を写真に、と思うのですが、バドゥイのテリトリーでは許可なく写真を撮ることが許されません。
サニップさんにお伺いを立て、長老に取り次いでもらって撮影の許可を頂きました。


森の中に、密集して建つ家々。

b0170682_1018365.jpg


泊めて頂いたサニップさんのお宅(夕方の撮影でかなり手ブレしちゃってますが...)。

b0170682_10193120.jpg


by asang | 2010-11-28 10:32 | Livelihood
バドゥイの集落で
ここ数日、カメラを買い増ししたい衝動、新型機種へ思いが頭の片隅から離れないのですが、
その頭のもう一方の片隅で、新型機種を買ったら今までに撮れなかったどんな写真が撮れるというのだろう、という疑問も湧いています。
これまでの撮影で「あー、もっと高性能のカメラだったら撮れたのに」と思うシーンって、実はそんなに多くはないんですよね。
そんなことを考えていると「デジタルの一眼レフを買いたい!」と強く思った日のことを思い出します。


3年前の話になりますが、ジャワ島西部のある集落を訪問しました。
バドゥイ(Baduy)と呼ばれている人達の集落です。
バドゥイの人達は、インドネシア国内はもとより海外でも
「昔ながらの生活を頑なに守り、伝統に根ざして生きる人々」として知られています。

バドゥイの人々について語れるほどの知識を私は持ち合わせていませんが、
よく知られている特長として以下のような点があります。

・近代化を是とせず、文明の産物である工業製品などの使用を禁じている。
・学校や病院などの近代システムも受け入れていない。
・バドゥイでない者はバドゥイの人々の許可なく彼らの領域に踏み入ることが許されない。
・「内バドゥイ」と「外バドゥイ」があり、内バドゥイは非常に厳しい慣習を守りながら生活している人達のグループである。
 一方で外バドゥイはなんらかの禁忌を犯した者たちで、内バドゥイから降格した人々のグループである。

このようなバドゥイの特徴は、多様な民族を擁するインドネシアでも非常に異彩を放っています。

基本的に外部との交流に一定の距離を置いている人達ですが、時代と共に彼らの文化も変容しつつあるようです。
たとえばこれまでは全て物々交換で生活していたバドゥイの人達も、現在は現金による売買行為を行うようになっています。
また、外バドゥイの人は外部の人達との交流することも普通になってきています。


さて、私は偶然にもあるバドゥイの人と懇意になることができ、彼の集落を訪問することが叶ったのでした。

話の始まりは2003年。
集落で採れた蜂蜜を売り歩く、あるバドゥイの人の訪問を受けました。
路上で蜂蜜を売っていた彼にウチの職場のスタッフが声を掛け、スタッフに連れられて我が家まで来てくれたのでした。
黒装束に身を固め、手編みの籠に瓶詰めの蜂蜜を担いでやって来た彼、サニップさん。
聞くと、家から100Km以上の距離を3日掛けて歩いて行商にやって来たとのこと!

サニップさんは月に一度程度、町に下りてきて村で採れた蜂蜜を売り歩いていました。
ボゴール市内にも何人かの契約顧客が居て、それらの顧客に蜂蜜を届けに来たついでに売れ残りを路上で売っていたのでした。

    バドゥイのサニップさん

b0170682_22505627.jpg


バドゥイの文化についてはいろいろと話に聞くことはありましたが、直接バドゥイの人とお会いするのは初めてです。
私も相当興奮していたと思います。随分長い間お話しました。
このことがきっかけで、サニップさんは時折我が家に寄ってくれるようになったのでした。

彼が売っている蜂蜜は、800mlぐらいの容量のジュース・シロップの空き瓶に詰めてあります。
当時1本2万ルピア。これを20本ぐらい担いで村からやって来ます。
私は喜んで購入していましたが、蜂蜜って大量に消費するものでもないので、
家に来てもらっても必ずしも毎回購入するわけにもいきませんでした。
そこで、彼と連れ立って近所で蜂蜜を買ってくれそうな家を訪問し、一緒に売り歩いたりしました。
幸い、我が家の近所の環境NGOの事務所が販売代理店のような役割を果たしてくれるようになり、
以降、サニップさんはそこを販売拠点にして固定客を掴むことができたのでした。

    サニップさんが行商していた蜂蜜。
    環境NGOの事務所で販売されるようになりました。

b0170682_2344851.jpg


ボゴールには月に1度やって来て、NGOの事務所を宿にして蜂蜜を売ります。
彼が来たとの連絡を受けると、私もその事務所にお邪魔して夕食を共にしたりしました。
そんな関係が4年ぐらい続いたでしょうか、「サニップさんのお宅を訪問したいのですが...」と聞いてみたところ、許可を頂けて訪問することが叶ったのでした。


    サニップさんの集落で迎えた夜明け。

b0170682_22525880.jpg


by asang | 2010-11-26 23:07 | Ruralscape
カメラ...
PENTAXが10月に発売した最新カメラのK-5、ネットでの口コミなどを見ると本当に評判が良いですね。
私がリンクさせて頂いているブロガーさんですと、dann_satoshiさんとBlack Face Sheepさんのお二人が、
それぞれ買い替え、買い増しをされています。
お二方のブログを拝見しながら、羨ましさを噛みしめています ^^);


初めて写真を撮ったのって、小学生の時の修学旅行でしょうか。
家族が買ったCANONのAutoboy IIというカメラだったと記憶しています。

その後、90年代前半にインドネシアに通うようになり、
母が買ったPENTAXのESPIO 120というカメラを借りてたくさん撮影するようになりました。
ESPIO 120は母に買わせた、と言ったほうがいいぐらい自分が使っていました。
当時はPENTAXもテレビCMで良く見かけ、このモデルは望遠が売りのようでした。
往年のCMのようにナレーションがあったわけではないのですが、
CMの最後で「ペンタックス ペンタックス」という熊倉一雄さんの声をバックに、
PENTAXと書かれたロゴが回転していたのが、今でも印象に残っています。

当時はカメラの良し悪しもわかりませんでしたが、なぜかPENTAXのカメラが気に入って、
給料を貰うようになってから初めて自分で買ったカメラがMZ-7でした。
なんとなく一眼レフならいい写真が撮れるような気がして、レンズキットを購入。
ちょうど10年前ですね、これを手にしたのは。

b0170682_20381844.jpg

2002年にインドネシアに赴任して、このカメラを持ってインドネシアのあちこちを歩いたものです。

MZ-7では仕事の記録写真がほとんどでしたが、
報告書を書くのにいちいち写真をスキャンしなければならないのが面倒で、コンパクト・タイプのデジカメを買ったのが2004年。
これもPENTAXのOptio s5nでした。

b0170682_20401723.jpg

購入前に他社の機種も試してみたのですが、使い勝手が良かったのはやっぱりPENTAXでした。
その後、Optio A30を買い増ししたりしましたが、やっぱり一眼レフがいいなと思い、以降、K100Ds、K200Dと来ています。
使い勝手が良いのもさることながら、単三電池で動くというのも電気のない農村通いが多い私には好都合でした。

K100Dsを購入時に単焦点レンズのFA35mmを同時購入したのですが、その写りの良さに感動したのを今でも覚えています。
で、後はおきまりの「レンズ沼」へ...
FA35mmを買わなかったら、こうもレンズが増えなかった気もします。

初めて女性ポートレートを撮ったのもこのレンズ。
前回のエントリーで登場したSofianさんの長女、Noviaを撮らせて貰ってポートレートにはまってしまいました。

b0170682_20405715.jpg

当時中学生だったNovia。いま見ると、いろんなところにダメ出ししたくなる写真ではありますが、
この1枚の写真が、もっと写真を撮りたい、という気持ちに火をつけてしまいました。

今使っているK200D。このなで肩のフォルムが好きです。

b0170682_20414720.jpg

K200D、PENTAXのエントリー・クラスのカメラでは、もう4代も前のモデルになってしまうのですね。
いいカメラや高いレンズを使えばよい写真が撮れると約束されたわけではないのですが、
やっぱり最新機種が発売されると、自分に言い訳をつけて買いたくなってしまいますね。
目下、カメラ買い増しの言い訳をいろいろと探しているところでゴザイマス...


1~3枚目:K100D super & FA35mmF2AL
4枚目:K100D super & FA50mmF1.4

by asang | 2010-11-23 20:51 | Camera & accessories
村のおっさん達と
いつも通う村でおっさん達に里山を案内してもらいました。
山を良く知るおっさん達はとてもカッコイイのです。

いつも寡黙なArihさん。渋すぎます。

b0170682_2364036.jpg


植物に詳しいJujuさんとはこれまでにも何度か一緒に山を歩いています。
このブログでも以前に「木を植える男」として登場して貰っています。

b0170682_2374666.jpg

b0170682_2383048.jpg


豪快な性格のMusaさん。この日も一日お付き合いくださいました。

b0170682_2394177.jpg


写真を撮っていたら隣村のSofianさんが通りかかりました。

b0170682_23104515.jpg

「Asang、後で俺の家にも寄ってけよ。そうだ、俺の娘、嫁に欲しいか?」とのこと。
こらこら、本人の意見も聞かずに嫁にやってはイケマセン...
助手席に乗る娘さんのNoviaはキャーッと声を上げて顔を隠してしまいました。
嫁に欲しいかって、娘さん、まだ高校1年生ですがな...


Location @ Lebak District, Banten Province
K200D & FA50mmF1.4

by asang | 2010-11-22 23:18 | Portrait
物欲急上昇中
前回のエントリーで高感度に強いカメラが欲しいなぁと記しました。
PENTAXの最新カメラK-5、高感度でもノイズが少ないようで興味深々です。

PENTAXのホームページから作例を見てみて驚きました。
作例ページ、なんと3枚ある作例の3枚ともがスタジオ・ポートレート!
風景撮りに強いといわれているPENTAX、作例がポートレートだけとはいったいどうしたの?と笑ってしまいました。
(今週になっていつのまにか作例が増えたようですが...)

作例に感化されて、これまでに自分が撮ったスタジオ・ポートレートを見直してみました。
解像感、という意味では今使っているK200Dとレンズ達で十分満足できそうです。

でも、K-5の作例を見てスゴイッ、と思ってしまったのは暗部の黒の粘り。
髪の毛のシャドーの部分など、潰れずにキチンと描写されていることに目を見張りました。
2年半ほどの付き合いになるK200Dでは、この部分がグズグズに潰れてしまいます。
もちろん作例写真を撮られたプロのカメラマンさんのテクニックあっての写真でしょうが、
作例を見てしまうと今すぐにでも欲しくなってしまいますねぇ、K-5。
いずれにしても買えるのは、来年2月の帰国時ですが...

スタジオでの撮影、そんなに経験無いのですが結構好きなんです。
と、いうことで少ない在庫から。
モデルさんはValencia A.とAulia R.
あー、来週あたり誰かスタジオ撮影に誘ってくれないかなぁ...

b0170682_23544622.jpg

b0170682_23551598.jpg

b0170682_23554175.jpg

b0170682_23561618.jpg

b0170682_23564931.jpg

b0170682_23572131.jpg

b0170682_23574539.jpg


1~3枚目:K200D & FA43mmF1.9 Limited
4~7枚目:K200D & DA*16-50mmF2.8

by asang | 2010-11-20 23:58 | Portrait
Terecia Molly (#02)
南ジャカルタにある某高級マンションをお借りしての撮影。
モデルさんのTerecia Mollyにプールで遊んで貰いました。

b0170682_23562350.jpg

b0170682_2357684.jpg

b0170682_2358060.jpg


レンズは最近持ち出す頻度が高くなっているDA*60-250mm。
Tereciaには「イチ・ニ・サンッ」の掛け声にあわせて、水面から顔を振り上げて貰います。
他の撮影仲間にはCANONやNIKONの上位機種を使っている人も多く、
「サン」の掛け声と同時に始まるダダダダッという凄い連写音に囲まれながら、私だけが置きピンで単写です。

シャッターを押すタイミングがすこし早過ぎました↓。
b0170682_23584326.jpg


こちらは↓だいぶ遅すぎました ^^);
b0170682_23592871.jpg


他社機の連写、凄いなぁ、とも思いますが、私の使用範囲ではそんなに必要だとも思っていません。
連写できれば気に入った写真が撮れるとも限らないので。

ただ、高感度が使えるカメラは羨ましかったです。
私のカメラ、K200DだとISO800より高感度にはしたくないので、ISOは800に固定。
絞りも開放のF4で撮っていますが、シャッタースピードが稼げません。
ここにアップした写真、SSの一番早いもので1/320秒が精一杯でした。
友人がNIKONのD700で撮った画を見せて貰ったら、ISOを上げることで1/1000秒まで稼げていました。
水滴の一粒一粒が停まって写っていて、他社のフルサイズ機がかな~り羨ましくなる撮影でした。

b0170682_09545.jpg

b0170682_0104554.jpg

b0170682_011309.jpg


いつもとは違った雰囲気の写真が撮れた撮影、肌寒いなか水に浸かってくれたTereciaに感謝です。
なかなか得られないシチュエーションでの撮影でしたが、背景にゴミ箱とか椅子とかが写ってしまっているのがちょっと残念。
薄曇りの夕方という状況も撮影が難しい要因となってしまいました。
できれば晴天の日中、背景にも留意して撮影できるような機会が持てると嬉しいなぁ。
水深の浅いプールのある、撮影に適したロケーションを探さなくてはなりませんが、好条件の場所を探すのはなかなか難しそうです。
バリのヴィラなんかを借り切ることができればいいのですが、予算が...はぁ。


ところで、まったく頭の痛いことに、このレンズのSDMも不調となりました。
今回アップの写真は全てMF置きピンで撮っているので、この日の撮影ではあまり問題になりませんでしたが、主力レンズの不調は大問題です。

PENTAXのレンズ・ラインナップのなかでも上位のカテゴリーになるスター・レンズ。
私は3本ほど所有していますが、3本とも全滅です。
16-50mmはSDMではなくズームリングの故障ですが、
50-135mmと60-250mmの2本はSDMが駆動せず、AFができなくなってしまいました...
PENTAXを気に入って使い続けて、それなりにレンズも購入してきましたが
純正レンズの、それも高価な部類のレンズでこれだけ不調が出ると、泣きたくなってしまいます。
来年2月の帰国時には3本とも持ち帰って入院です(泣)。

画質そのものは私には十分すぎるほど満足できるものなのに、機械的に信頼が置けないというのが残念です。
確かに高温多湿なジャングルの中に持ち出したり、スコールを浴びながら撮影したりなど、
それなりに過酷な状況で使ってはいますが、ぶつけたり落としたりしたことはないのですが。
フィールド・カメラの名が泣きますぜ、PENTAXさん...

K200D & DA*60-250mmF4
by asang | 2010-11-14 23:59 | Portrait
Terecia Molly
私の好きなモデルさんTerecia Molly。
9月に撮らせてもらったまま放ったらかしになっていた写真です。

b0170682_23291648.jpg

b0170682_23294672.jpg


撮影は南ジャカルタの某高級マンション。
撮影仲間のひとりがオーナーと知り合いとのことで、特別に場所をお借りできました。

b0170682_23305248.jpg

b0170682_23312696.jpg


Terecia、ちょうど1年前の11月に初めて撮らせてもらって、とても可愛らしいモデルさんだなぁと思っていました。
撮影仲間から誘いを受けた時、モデルが彼女と聞いてジャカルタまで飛んでいってしまいました ^^)v
Terecia、日本の芸能人の誰かに似てる気がするのだけれど、誰なんだろう...?

b0170682_23321613.jpg

b0170682_23325520.jpg

b0170682_23333758.jpg


1・2枚目:K200D & FA43mmF1.9 Limited
3・4枚目:K200D & DA*60-250mmF4
5~7枚目:K200D & FA77mmF1.8 Limited

by asang | 2010-11-12 23:36 | Portrait
見えてますよ
天気が良かったので洗濯物を干していたら、庭木にヤモリが見えました。
こちらが近づいたらサッと葉の裏に隠れたのですが、シルエットになってどこに居るのか丸見えでした。

b0170682_21352755.jpg

なんとなく面白かったので「逃げるなよ」と念じながら部屋にカメラを取りに行き、急ぎ足で引き返します。
思いが通じたのか、その場にじっとしてくれていました。


K200D & DA*50-135mmF2.8
by asang | 2010-11-10 21:37 | Flora & Fauna
みんなに会いにジャカルタへ
数日前のエントリーで紹介したジャカルタ下町の子供達。
実はその1週間後にも会いに行ってしまいました...

ヒーヒー言いながら報告書の作成を終えた10月末の土曜。
ジャカルタに買い物に行くついでに事務所スタッフのAgusの家に寄りました。
いや、正直に言うと買い物の方がついでで、気持ち的には子供達に会いたかったのでした ^^);

前回同様、子供達に手を引かれながら近所を散歩します。
この日もFA35mmはいい仕事をしてくれたのですが、敢えてNokton 58mmも使ってみました。

Noktonで撮った写真、家を出る前から想像していたことではありますが、
FA35mmで撮れる絵とは違った絵になりました。
撮りたいと思った瞬間にフォーカスできるAFレンズとは違い、
ピント合わせに時間のかかるMFレンズでの撮影では子供達の表情が変わってきます。


小学5年生のNurul。小学生ばなれした大人びた表情を見せてくれました。

b0170682_2053999.jpg

b0170682_2064967.jpg


6年生のNabilaはちょっと作り笑顔かな。

b0170682_2081846.jpg


いちばん幼いMutiaだけはいつも笑顔でした...

b0170682_209223.jpg


やっぱりAtikaはとってもフォトジェニックです。
その瞳の輝きに惹き込まれます。

b0170682_20101939.jpg


Nokton 58mm、その写りにはとても満足していますが、
小さな子供達の笑顔を追いかけるには、私の腕ではまだまだ技術不足のようです。
MF、もっといっぱい練習せねば!と決意して、85mmのレンズを通販でポチッてしまいました(爆)。
だって、コシナさん、Kマウントの生産終了だなんていうから...


今日はこれから2泊3日でジャワ島の西の端まで出張です。
出張先はジャングルですが、どんな写真が撮れることやら...


Location @ Salemba, Central Jakarta
K200D & Nokton 58mm F1.4 SL

by asang | 2010-11-05 20:15 | Portrait