人気ブログランキング |
<   2010年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧
カンプンの水場で
カンプン(集落)の朝。
共同水場では、女性達が忙しくしています。

b0170682_1915368.jpg

b0170682_19151684.jpg


私の通うジャワ島西部の中山間地の村々のほとんどで毎朝見られる光景。
集落の中には共同水場が幾つかあって、炊事・洗濯・沐浴などは、こうした水場で行われます。
近くに川が流れていれば川が水場となりますが、川が遠ければこうした水場が作られることになります。
たいていの水場は、塩ビのパイプやビニールホースを継ぎ足して、沢から水を引いてきます。

セメントで固めた水槽に水が溜まるようになっていて、それぞれが手桶やタライを使って水を汲んで炊事や洗濯をします。
井戸端会議よろしく、おばちゃん達はここで話に花を咲かせます。
私もおばちゃん達に混じって、村の中の人間関係などいろいろな情報を水場で仕入れます。

b0170682_19162613.jpg


私も含め、皆さんここで朝晩2回の沐浴もします。
さすがに沐浴の様子は撮影が憚られるのでお見せできませんが...

水場によってはもっと規模が大きく、戸が閉まる個室が2つ3つあって、沐浴も排泄もできるようになっています。
ちなみに上の写真の水場はオープンなので、トイレとしては利用されていません。


トイレといえば、村に滞在して困ることのひとつです。
ジャワ西部の中山間地の村々では、家の中にトイレがない家庭がかなり多くあります。
この写真の村でも、家の中にトイレがある家庭は全体で2割ぐらいです。

西ジャワの村々に通うようになって10年近い年月がたちますが、
いまだにその理由について私の理解が追いつかないことのひとつが、家の中にトイレを作らないという習慣です。

経済状況が厳しいから、というのは当てはまらないようです。
たしかに裕福とは言いがたく、むしろ国が定めるカテゴリーでは「貧困家庭」に分類されてしまうような収入状況ではありますが、
トイレの建設費を捻出できないほど貧しい家庭はそれほど多くありません。
オートバイやテレビなどを購入できるだけの収入はあります。
水を引くためのビニールホースと、足場や水槽を作るセメントの購入費ぐらいなら工面できないことはないはずです。

下水処理の問題でしょうか?
たしかにトイレのある家庭でも下水は垂れ流しではありますが、
ちょっとした溝を掘って水田や、魚の養殖池に流れ込むように工夫するなど、特段難しい技術を必要としていません。
少なくとも辺り一帯に下水が溢れて不衛生、という状況は避けられるはずです。


折に触れて村の人たちに聞いてみるのですが、特に家の中にトイレを作ることの必要性を感じていません。
たいていの人が川で済ませたり、共同の簡易トイレで特に不便を感じていないのです。
私などは夜中に急にもよおしたりすると、懐中電灯を手にトイレまで行くのが不便でしょうがないのですが。


共同トイレ、壁も屋根もあるきちんとしたものもありますが、たいていはこんな感じの簡単なものです。

b0170682_19171148.jpg

b0170682_19173226.jpg


沢から水を引っ張ってきて、適当な布でお尻を隠すだけのトイレ。
当然、遠くからでも誰かが用を足しているのが丸見えです。
誰かが気張っていても、通行人は見て見ない振りをするのがマナーです。

私はもう慣れてしまったので、人に見られることに抵抗はないのですが、
雨の夜中に傘を差しながら真っ暗な中で用を足していると、
「自分はこんなところでいったい何をしているんだろう…」と哲学的な問いに襲われることがあります。

K200D & DA*16-50mmF2.8
by asang | 2010-04-30 19:31 | Livelihood
朝日浴びる棚田 (#02)
朝日に照らされた稲穂の美しさに、しばし眼を奪われます。

b0170682_8253843.jpg


山あいの水田では植え付けの時期をずらすことで、成長段階の異なる稲が同時期に見られることになります。
幾つかの理由が考えられますが、ひとつは病害による稲の全滅を防ぐため。
成長の度合いを違えることで、病気でやられてしまう稲が出ても被害を最小限にとどめる工夫です。
長年の経験が育んできたリスク・マネジメントだと思います。

b0170682_8255353.jpg


頭を垂れている収穫間近の田の隣には、播種して間もない苗代が造られていたりします。
一筆ごとの田の成長過程の違いがわかるでしょうか。

b0170682_8263395.jpg

b0170682_8265175.jpg

b0170682_827822.jpg


K200D & DA*16-50mmF2.8
by asang | 2010-04-25 08:31 | Ruralscape
朝日浴びる棚田
山あいのカンプン(集落)の朝

b0170682_22205443.jpg

b0170682_22212134.jpg


6時過ぎに昇った朝日が、まだ作業する人のいない棚田を照らします。

b0170682_22214523.jpg

b0170682_2222113.jpg

b0170682_22221836.jpg


Location @ Lebak District, Banten Prov.
K200D & DA*16-50mmF2.8

by asang | 2010-04-23 22:25 | Ruralscape
雨上がりの朝に
Nokton 58mmでの撮影が楽しくて、ついつい意味もなくカメラを持ち出してしまいます。
庭木のHanjuangの葉に、前夜の雨の名残りを見つけて。

b0170682_7444780.jpg

b0170682_7454460.jpg

Hanjuang、リュウゼツラン科のコルディリネ属というのだそうです。
日本でも観葉植物としての需要があるようですが、
こちらインドネシアでも、とてもポピュラーな庭木です。

私の家の近所を見回しても、きまってこの木が植えられています。
グロテスクな感じがして、私はあまり好きではないのですが、
こんな感じで寄って撮ると、それなりにフォトジェニックでした。

b0170682_746680.jpg


観賞用としての目的のほかに、防虫効果もあるとのこと。
時に水田の畦に境界の印として植えられているのは、虫除けだと教わったことがあります。
また、Wikipedia Indonesiaによると、殺菌効果があり食べ物を包むのにも利用される、とあります。
残念ながら食べ物を包む用途としては、まだ眼にしたことはないのですが…

Hanjuang ( Cordyline terminalis )
K200D & Nokton 58mm F1.4 SL
by asang | 2010-04-22 07:49 | Flora & Fauna
ゴレンシ
庭の片隅でポトッという何かが落ちる音が聞こえました。
音のした方向を見やると、ゴレンシ(五歛子)の実が落ちていました。

b0170682_21515442.jpg


見上げると、結構な数の実がなっています。
b0170682_21522542.jpg


カタバミ科ゴレンシ属の常緑樹ですが、和名のゴレンシよりもスター・フルーツといったほうが理解が早いかもしれません。
輪切りにするとその断面が星型に見えることからスター・フルーツの名で呼ばれています。
インドネシア名はブリンビン(Belimbing)。

b0170682_21524928.jpg


熟れた実は黄色になり、汁気が多くほんのりとした甘さがあります。
生のままで食べるほか、ジュースにすることもあります。

特別好きな果物でもないですが、借りている家の庭の木が実をつけるので、毎年この季節には口にします。
2~3個も食べれば十分ですので、ほとんどは仕事のスタッフやご近所さんに配ってしまうのですが…

熟れ時を見極めるのがちょっと難しく、まだ青いな、などと思っていると翌日には熟れて地面に落ちていたりします。
水分が多いこともあり、落ちた実はあっという間に腐ってしまいます。

b0170682_21531213.jpg



Belimbing ( Averrhoa carambola )
K200D & Nokton 58mm F1.4 SL
by asang | 2010-04-21 21:56 | Flora & Fauna
Pertiwi Novitasari (#08)
日没間近となり、最後のセッション。

b0170682_2041489.jpg

この構図で彼女の顔に露出を合わせると、背景の夕焼けが白く飛んでしまいます。
補助光なしでは撮影が難しく、外付けフラッシュをワイヤレスでセット。

b0170682_20421597.jpg

フラッシュは一灯しか持っていないので、私の力量では光のまわし方がわからず、どうしても影が強く出てしまいます。
アンブレラは持っていたのですが、実は昼間の撮影で風に煽られて転倒、傘の骨を折ってしまっていて使えません…
影が強く出るのを活かした撮影は出来ないものかと、光の強さを変えたりズームさせてみたりしながら試行錯誤してみます。

b0170682_20425976.jpg

セッティングに四苦八苦している間にも、日はどんどん落ちていってしまいます。
とっさの時にどう撮るか、というイメージのストックがないとダメですね…

b0170682_20431928.jpg

b0170682_20433428.jpg


それにしてもTiwi, ホントに素敵なモデルさんでした。
高校生らしからぬ妖艶な雰囲気に圧倒され続けた4時間。
私のような素人の撮影にお付き合いいただき感謝です。

K200D & FA31mmF1.8AL Limited
by asang | 2010-04-20 20:51 | Portrait
Pertiwi Novitasari (#07)
FA77mm、私にとっては魔性のレンズです。

b0170682_212407.jpg


素敵な女性に出会うと「どうしてもこのレンズで撮らせて欲しいッ!」と思ってしまうことがあります。
Tiwi はまさにそんなモデルさんのひとりでした。

K200D & FA77mmF1.8 Limited
by asang | 2010-04-19 21:25 | Portrait
Pertiwi Novitasari (#06)
夕暮れの最上階に上がってきました。
前日の雨で水溜りが出来ていたので、映り込みを使ってちょっと遊んでみます。

b0170682_12421119.jpg

b0170682_12423239.jpg


撮影時に肉眼で見たよりも、写真になったほうが映り込みがハッキリと見えるようです。
撮影しているときは、こんなに綺麗に映り込みが見えるようには感じられなかったので遊び半分で適当に撮ってしまったのですが、
アングルなどもうすこし工夫すればよかったですね。ちょっと後悔。

b0170682_12431456.jpg


さて、とっても魅力的なTiwi 、ネットに雑誌のインタビュー記事が出ています。
ハイティーン層を読者とする雑誌 『 hai 』 の記事で、ネット連動企画として、
読者が気に入った女の子に投票できる「hai な女の子」という連載コーナーのようです。

記事によると、お父さんがテニス選手だったそうで、Tiwi も3歳のときからテニスを続けているんだとか! 
記事タイトルも「 Sharapova from Indonesia 」。
「上を目指してる兄と違って、私は運動のためにテニスをしてるだけなんです。 実力を出せばマリア・シャラポワにも負けませんけどね」 だそうです。

そんなTiwi の今の関心はモデル活動とのこと。
普段はマニッシュなイメージで見られることが多いそうで、「今はフェミニンに見えるように修行中です」。


本人の自覚はどうあれ、同年代の女の子達に比べても飛びぬけてフェミニンな魅力に満ちていると思うのですが。
でも、本人が気にしているとしたら、撮影前半の衣装はマニッシュなイメージを後押ししちゃうようで、悪いことしちゃったかな…

b0170682_12434845.jpg


K200D & FA31mmF1.8AL Limited
by asang | 2010-04-17 12:47 | Portrait
Pertiwi Novitasari (#05)
Tiwiの衣装換えに合わせて、こちらもレンズ換えです。
撮影会では初使用になるNokton 58mm。

b0170682_2158528.jpg

b0170682_2159719.jpg

目下練習中のマニュアル・フォーカスでのピンボケが怖くてF3.5まで絞って撮っていますが、
とってもシャープです。 というよりカリカリ過ぎました。
私のカメラはデフォルトでシャープネスを +1 に設定していますが、
晴天時にこのレンズを使うときはシャープネスを下げたほうが良いかもしれません。

b0170682_21594344.jpg

西日が射してきたのをうまく使いたかったのですが、これはちょっとやり過ぎでした。
他の撮影仲間からも撮りづらいシチュエーションだという声があがり、日陰に移動。


b0170682_220984.jpg

b0170682_2202638.jpg

私の右隣にある柱でフラッシュをバウンスさせたのですが、ちょっと黄色が載ってしまったかな…


2月の帰国時に購入したNokton 58mm、愛しいレンズです(笑)。
10年来使ってきたMZ-7では仕事の記録写真しか撮っていなかったにも関わらず、
K100Dsでデジタル一眼にハマり、それなりにレンズを増やしてきました。
ある程度揃うまでは、必要な焦点距離だったり、良い評判のレンズの写りを自分で確かめてみたかったりという感じで、
なんとなく自分に理由をつけての購入でした。

このNokton、焦点距離的には既に50mm単もあるし、ボケの美しさでは77mm単もあるし、なければ困るレンズではないのです。
いわんや自分の腕がついて来るかどうか不安なMFレンズ。
にも関わらず、ネットでの作例をみるにつけ、どうしても欲しくなってしまったレンズです。
その意味では、初めて恋焦がれて手に入れたレンズ。

これまでのレンズだってそれぞれの個性を気に入っているし、ダメなレンズはひとつもないですが、
どちらかというと、成り行きで付き合ってみて「君のこういうトコロは、すごくいいよね」
とだんだんに良さを理解してきたレンズ(FA77mm以外は)。

このNoktonは、襟を正して「お付き合いください」とお願いして、今に至るようなレンズです。
なんか、へんな例えですが…
このレンズの良さを引き出せていない間は、私の片想い、ということで ^^);

撮影会ではじっくりと落ち着いて撮る機会は持てないでしょうが、
思い入れだけはどのレンズよりも強い、お気に入りの1本です。

K200D & Voigtlander Nokton 58mm F1.4 SL
by asang | 2010-04-15 22:11 | Portrait
Pertiwi Novitasari (#04)
撮影に使った廃墟ビル、地下階のみ近隣の会社の駐車場として使われていましたが、
1階より上はまったく使われておらず、もったいないです。
ジャカルタの一等地に位置しているのに…

柱だけが林立していて、あとはもぬけの殻。
我々のほかには誰もおらず、ちょっと怖い感じ。
まぁ、おかげで周りに気兼ねなく撮影できたわけですが…

b0170682_22315486.jpg


モデルさんが素敵だと、やっぱり寄って撮ってしまいます。

b0170682_22322360.jpg

b0170682_22323786.jpg


私はポートレートで43mmをよく使いますが、このレンズは寄って良し、退いて良しで本当に使い勝手が良いです。

b0170682_2233480.jpg

b0170682_22332068.jpg

b0170682_22333338.jpg

最後の一枚はちょっと無茶な写真でしょうか。
薄曇りの空のほとんどを白く飛ばしてしまいました。

K200D & FA43mmF1.9 Limited
by asang | 2010-04-14 22:39 | Portrait