人気ブログランキング |
<   2009年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
FA77mmF1.8 Limited (#2)
前回に続いてこのレンズの話題を。

Kohaku3さんにコメントいただいていますが、
このレンズは魔法のレンズと感じることがあります。
「いかにもFA77mmで撮りました」という画になります。

b0170682_21542817.jpg


b0170682_2155881.jpg


b0170682_21554151.jpg


私の手持ちのレンズの中では、一番特徴のあるレンズかな。
巷の評判どおり、ポートレートを撮りたくなるレンズなので重宝していますが、すこし気になる部分も。

このレンズのパープル・フリンジと二線ボケは、多くの方が指摘していますね。
確かにパープルはそれなりに強く出ると思いますが、このレンズのそれは、私は全く気になりません。
等倍にして見ると、「確かにパープルが出てるなぁ」、ぐらいの感じです。

ただ、二線ボケのほうは結構悩みます。
なんというか背景がザワついてしまってウルサイことがあるのです。
こんな感じ。

b0170682_21561970.jpg

b0170682_21564214.jpg


お母さんの写真でF2.2、少女の方はF2.8で撮ってます。
絞れば解決するか、と言うとそうでもなくて、絞ってもバックが汚く、かえって開放近くにして背景を飛ばしてしまった方が良いこともあり、なかなかに難しい。
なんというかこのレンズ、背景をすごく選ぶ気がします。
数を撮ってみて状況から判断するしかないようで、何も考えないで撮っていると、PCに取り込んでから落胆することも多いレンズです。

そんなこともあり、最近ではポートレートでこのレンズを使うとき、
被写体に近づいて上半身のアップにして背景を飛ばしてしまう、という使い方になってしまうことが多いかな。

もうひとつ、このレンズの大きな問題。
レンズの魅力に取り付かれ、思わぬ出費が増えかねないこと。
私は単焦点レンズはFA35、FA50に続き、3本目としてこの77mmを手に入れましたが、
このレンズがきっかけで増えました(笑)。
特にFA Limitedシリーズの残り2本が気になって気になって…
私の場合は43mm、31mmも1年を待たずに逝ってしまいました。
いま気になっているのはnokton58mmですね…
幸いなことにインドネシアでは入手困難なので踏みとどまっていますが(笑)。

すべてK200D & FA77mmの写真です。
by asang | 2009-04-30 22:03 | Camera & accessories
FA77mmF1.8 Limited
今日はレンズの話題を。
インドネシアに関係ないので撮影機材に関心のない方には申し訳ないのですが。

ポートレートに最適との評価が高いこのレンズ、使い始めてから1年すこし経ちます。
ネットでの評判を見ると、使われている方の満足度はすごく高いようですね。

村の人たちのポートレートを撮らせてもらうようになって、自分もこのレンズを使ってみたいと思うようになりました。
購入に当たりGoogleで作例を検索したのですが、肖像権の問題でしょうか、
ポートレートの作例を探すのがなかなかに難しく、最後は勢いで購入してしまいました。

少々値段の張るレンズではありましたが、やっぱり買ってよかったレンズでした。
その後、レンズもいろいろと増えてきましたが、このレンズで撮りたいシチュエーションってあるんですよね。
撮影を終えてPCのモニターに映し出したときに、このレンズで撮ってよかった、と思える写真に仕上がっていると嬉しくなってしまいます。
想像していたとおりに撮れていなくて、ため息をついてしまうことも多いですが…

せっかくブログをはじめたので、このレンズで撮ったポートレートを。
自分では気に入っている写真たちです。
PENTAXつながりでこのブログに来てくださった方の参考になると良いのですが…

b0170682_22581039.jpg

b0170682_22583922.jpg

b0170682_2304176.jpg

b0170682_2311071.jpg


b0170682_2313492.jpg


4枚目はちょっと前ピンです。鼻にピントが来てしまっています。
でもシャープに写る前髪が、ふわっとボケて背景に解けていく感じが気に入っています。

5枚目は先日の土曜日に撮らせていただいたモデルのKyoさん。
白が飛んでしまっているところや背景の処理など、写真の出来としてはよろしくないのでしょうが、
彼女の美しさに見とれてしまった撮れたての写真ということで(笑)。

すべてK200DとFA77mmで撮影してマス。
by asang | 2009-04-28 23:07 | Camera & accessories
村のおばちゃん達
おじさん達に続いておばちゃん達。

なぜか私は子どもとおばちゃんにはモテるのです。
農作業の合間や夕べのひと時など、おばちゃん達との会話は話が弾みます。
そういえば日本の友人からは、「asangっておばちゃんキャラだよね」と言われたことがありましたっけ。
私の中の「おばちゃん気質?」が引き合うのでしょうか。
残念なことに年頃の娘さんたちからは、今ひとつ人気がないようですが...


米倉から精米所に籾を運ぶおばちゃん。
50kgはあると思います。母は強し、ですね。
K100D super & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
b0170682_23362570.jpg


薪を抱えて家路につくお婆ちゃん。
村ではお年寄りが働く姿が目に付きます。
傍から見ると気の毒な感じがしなくもないのですが、本人達はいたって気丈です。
お年寄りだから、といたわったりすると、かえって怒られてしまいます。
K100D super & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
b0170682_2337749.jpg


稲刈りの最中に。
「私を撮んなさい!」とご指名でした。
K200D & FA77mmF1.8 Limited
b0170682_23375549.jpg


私の大好きなお母さん。
この村での滞在は、たいていこのお母さんの家に泊めていただきます。
別れ際にはいつも抱き合ってサヨナラするのですが、骨ばった痩せた背中を抱くと切なくなってしまいます。
いつまでも元気でいて欲しいお母さんです。
K200D & FA35mmF2
b0170682_2338254.jpg


by asang | 2009-04-27 23:41 | Portrait
村のおじさん達 (#2)
今回も村のおじさん達の写真を。
昨年8月に水田の収穫に参加させてもらった時の写真です。

この村では今では珍しくなりつつある伝統米を栽培していて、
収穫は穂摘みで行われます。
収穫された稲が村のあちこちで干されている様は壮観です。
村での収穫の様子はいずれこのブログでも紹介していきたいと思います。

K200D & DA12-24mmF4
b0170682_21592425.jpg


K200D & FA77mmF1.8 Limited
b0170682_21595659.jpg


K200D & FA77mmF1.8 Limited
b0170682_2202243.jpg


K200D & FA43mmF1.9 Limited
b0170682_221989.jpg


by asang | 2009-04-26 22:04 | Portrait
村のおじさん達
カンプン(村)のおじさん達は、なんともカッコいいのです。
ただ、「写真を撮らせて」とお願いすると、
大抵みんな正面を向いて固まってしまい、
証明写真のようになってしまいます。
人によっては、「水浴びして服を着替えてくるから、ちょっと待て!」なんてことも。

村の人にとって、写真に撮られるということは、
証明写真を撮る、何か特別な記念を残す、
といった意味合いを持ってしまうのだと思います。
何枚か撮らせていただいているうちに、リラックスした表情を見せてくれますが。

すべてFA50mmF1.4にて撮影。
b0170682_2231849.jpg

b0170682_224321.jpg

b0170682_2242996.jpg

b0170682_2245362.jpg

b0170682_2252899.jpg


by asang | 2009-04-25 02:29 | Portrait
木を植える男
道端で出会ったおじさんが、これから山に木を植えに行くというので同行させてもらいました。
b0170682_23453894.jpg


一粒一粒、種の向きを確認して植えています。
b0170682_23461691.jpg

おじさんが植えていた種。
手前の大きいものがKluwek(イイギリ科パンギ)。
奥の小さいものがHuru(クスノキ科の仲間)。
Rambutan(ムクロジ科 ランブータン)も2粒ほど見えます。
みんなきちんと育つといいですね。
b0170682_23465372.jpg


すべてK100D super & FA50mmF1.4
by asang | 2009-04-24 23:48 | Livelihood
農村風景 (#3)
昼下がりのカンプン。
川原で水遊びをする子ども達。
K100D super & DA18-55mmF3.5-5.6AL
b0170682_2251421.jpg


西日射す水田。
聞こえていたカエルの大合唱をお伝えできないのが残念。
K200D & DA18-55mmF3.5-5.6AL II
b0170682_226775.jpg


畑での仕事を終え、家路につく農民。
バナナを担いで黙々と歩く姿が印象的でした。
K100D super & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
b0170682_2264787.jpg


夕焼け小焼けで日が暮れて...
なんとも美しい夕焼けでした。
K100D super & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
b0170682_2271614.jpg



1枚目や最後の写真は、デジタル一眼レフを買ったばかりのころの写真です。
こうやって見直してみると、構図も何もないですね...
余計な木々が入ってしまったり、水面に映る椰子の木が切れていたりで、
ただ撮りました、という感じ。

興味深いものや美しいものを目にすると、はやる気持ちでカメラを構え、
ファインダーの中央しか見ていないので、残念な写真ばかり量産してしまいます。
撮っているときは本当に楽しいのですが...
一呼吸おいて、落ち着かないとダメですね。
by asang | 2009-04-23 22:09 | Ruralscape
農村風景 (#2)
農村の朝。
水田に朝日が射す様はなんともいえず美しい時間です。
K100Dsuper & DA18-55mmF3.5-5.6AL
b0170682_2057551.jpg


朝霧の漂うなか、自分の田に向かう人びと。
K200D & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
b0170682_2057469.jpg


水田の風景って、気持ちがとても落ち着くんですよね。
自分がアジア人であることをあらためて感じます。
K200D & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
b0170682_20584626.jpg


村の米倉。
ここスンダ地方では「Leuit (ルゥイッ)」と呼ばれています。
蔵の壁は木材や竹で編んだ「Bilik (ビリッ)」を使い、屋根はヤシの葉で葺いてあります。
竹で編んだ壁材、破けそうな名前ですが数年は持ちます...
K200D & DA18-55mmF3.5-5.6AL II
b0170682_20592424.jpg


PLフィルター使ってみました。
K200D & DA18-55mmF3.5-5.6AL II
b0170682_20595796.jpg


by asang | 2009-04-22 21:04 | Ruralscape
農村風景
カンプン(村)にお邪魔すると、その美しさにいつも心が洗われます。
b0170682_20315925.jpg

b0170682_20323890.jpg


村の朝。それぞれの田畑へと行きかう人びと。
b0170682_20333159.jpg


畦にはバナナや椰子の木が。
b0170682_20341163.jpg


田んぼの向こうはジャングル。
b0170682_20344926.jpg


すべてK100D super + Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
by asang | 2009-04-21 20:35 | Ruralscape
パサール
パサール(市)の様子。
ここPasar Anyar(パサール・アニャール)はボゴールでも一番規模の大きい朝市です。
パサールは活気があって、ぶらぶら見物しているだけも楽しい場所です。


日常生活で必要な小物や食材は、ほとんどこのパサールで手に入ります。
b0170682_23593511.jpg


果物を売っているブロック。
届いたパイナップルを陳列するために投げ渡していますが、
手、痛くないのでしょうか?
b0170682_012858.jpg


色とりどりの野菜たち。
b0170682_025713.jpg


様々な香辛料たち。
名前や用途のわからない食材があると、写真に撮っておいて
あとで友人達に確認をとるようにしています。
市に並ぶ食材から、人びとの暮らしの一端が垣間見えます。
b0170682_052327.jpg


鶏肉売りのおばちゃん。
b0170682_061625.jpg



1・2枚目 K200D & DA12-24mmF4
3・4・5枚目 K200D & FA35mmF2


パサールのようなゴタゴタしたところは、
切り撮り方が難しいですね。
なんだかいろいろなモノが写りこんでしまいます・・・
by asang | 2009-04-20 23:52 | Livelihood