人気ブログランキング |
リバースアダプター
3月も今日で終わりですね。この1週間は年度末の業務報告作成でテンテコ舞いでした。
報告を終えた充実感と仕事が手を離れた開放感が交じり合った不思議な気分で今朝を迎えました。

仕事がテンパッてくると息抜きに庭に出るのですが、逃避行動なのか、普段やらないことを試したくなります。
一昨日はなぜかマクロ撮影に手を出してしまいました。

以前、友人達からレンズを逆付けしてのマクロ撮影を習ったことがありましたが、
急にそれを実践したくなってしまったのでした。

庭の植え込みに屈みこんで、小さな花を撮って見ます。

b0170682_9211090.jpg

b0170682_9205258.jpg

実物は5mmにも満たない小さな花なのですが、等倍を超えて画面いっぱいに映し出される花に驚きます。
小さすぎて肉眼では細部まで確認できない花ですが、こうして写真に撮るとしべまできちんと写っています。


こちらはアスパラガスの花
こちらもごくごく小さな花ですが、一輪挿しのユリを撮るように大きく写せました。

b0170682_9212723.jpg



ほかに何か被写体はないかと探していると、おあつらえ向きにバッタ君が!
はやる気持ちを抑えて、ゆっくり近づいて接写です。

b0170682_9214544.jpg

レンズ先端からバッタまでの距離は2cmぐらいしか離れていませんが、
じっとしていてくれて助かりました。

b0170682_922574.jpg

写真はトリミングしていませんが、ここまで大きく写ることに大興奮です。


今回使ったレンズはFA28-80mm。
2000年に購入したMZ-7のキットレンズですが、保管が悪くてカビを発生させてしまったレンズです。
レンズを覗いても肉眼ではっきりわかるほど蜘蛛の巣状にカビが拡がっていて、
普段撮りには使えないので、逆付けマクロ専用レンズにしてみようと思っていたものでした。
リバースアダプターを噛ませてK-5に装着した姿はこんな感じ。

b0170682_9224223.jpg


通常の使い方とは逆の向きで装着するので、こんな風にマウント面がむき出しです。
画角の計算も逆になり、28mmのワイド端が望遠になり、80mmのテレ端が広角に写ります。

b0170682_923974.jpg

リバースアダプター、ずいぶんと遊べる楽しいオモチャです。


1~5枚目:K-5 & Reverse adapter K + FA28-80mmF3.5-5.6
6・7枚目:K200D & FA43mmF1.9 Limited

by asang | 2012-03-31 09:34 | Camera & accessories
<< 色抽出 路上の表情 (#02) >>