人気ブログランキング |
Salak
雨季に入り、果物の豊富な季節になりました。
マンゴーやマンゴスチン、ランブータンなど、最近は東南アジア産のフルーツもいろんなものが輸入され、日本でも珍しくなくなってきているようですね。

日本ではまだ目にしたことはないのですが、私の好きな果物のひとつがサラック。
サラカヤシの和名を持つように、椰子の仲間のひとつです。

b0170682_23274251.jpg


スネークフルーツとも呼ばれるように、まるで蛇の皮のような鱗状の皮に包まれています。
手で簡単に剥けるこの皮をパリパリと剥くと、乳白色の3つに分かれた実が顔を出します。リンゴよりもすこし硬い感じで、シャクッとした歯ごたえ。
それぞれの実の中に、けっこう大きな硬い種が入っています。

スーパーマーケットでは、1kgあたり80円程度で売っていて、10個ぐらいで130円程度になるでしょうか。
ただ、最盛期になると、産地から軽トラックに山積みでやって来て、
路上の直販でキロ当たり50円ぐらいで売っていたりもします。

他の果物と比べて随分とお安いのですが、収穫は結構大変です。
株は地上に出てすぐ枝分かれしますが、茎はかなり大きくて硬い棘が生えています。
サラックの実は、その茎の根元のところになっているので、気をつけないとトゲが刺さってしまいます。

b0170682_23284958.jpg

b0170682_23293437.jpg

上に書いたように椰子の仲間(ヤシ科サラカヤシ属)ですが、椰子といえばココナッツしか知らない人にとっては意外な容姿かもしれません。
ジャワ島で採れるSalak Pondohが一般的ですが、それよりも実の大きなバリ島産のSalak Baliが有名です。
バリ島ではとてもポピュラーな果物です。
スネークフルーツの別名の通り、見た目はちょっとグロテスクですが、
外見に反して中身はほんのり甘くておいしいので、バリ島旅行の際に試してみてはいかがでしょう。

b0170682_23304025.jpg

果実の写真、純正ストロボを天井バウンスで、横からの光に『ヒカル小町』を使ってみましたが、皮の光沢のある部分がテカってしまって難しいですね。
料理のレシピ本とかを参考に、あーでもないこーでもないと試してみますが、いまひとつおいしそうに撮れません。
自己流の限界を感じています。ブツ撮りの講習会とかあれば受けてみたいなぁ。
マクロレンズも欲しいッ!


Salak Pondoh(Salacca zalacca)
1枚目:K200D & DA*50-135mmF2.8
2・3枚目:K200D & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
4枚目:K200D & FA77mmF1.8 Limited

by asang | 2010-11-04 23:36 | Food & Dining
<< みんなに会いにジャカルタへ おすそ分け >>