タグ:FA35mmF2AL ( 46 ) タグの人気記事
2013 カリマンタン帰郷 (#06)
雨季のこの時期はどの家庭にお邪魔しても、たいてい何らかの果物が転がっています。

b0170682_841867.jpg


箕の中にはランサッとランブータンが。
共に家の裏手のホームガーデンに植えられている果実です。

b0170682_8415789.jpg


センダン科のランサッは薄皮に包まれた瑞々しい果物で、甘酸っぱい味がします。
剥いた皮からは乳白色の粘液がにじみ出てきて、とても粘つきます。

b0170682_8423860.jpg


家の窓から外を見ると、まだ収穫されていないランサッが生っています。

b0170682_843736.jpg



ムクロジ科のランブータン。
やはり家の裏手に植えられていて、食べきれないほどの実がなります。
毛むくじゃらの皮を手で千切るようにして剥くと、ライチに似た実が顔を出します

b0170682_8434749.jpg


こちらはドリアン。
ネチョっとした食感が私は苦手なのですが、村の人達は大好きな果物です。

b0170682_8442240.jpg


落ちてきた実を拾ったのでしょう、子供達がドリアンを手にぶら下げて歩いています。

b0170682_845117.jpg

果実は人が植えたものなので一本一本の木に所有者がおり、
所有者に無断で収穫するわけにはいきませんが、
この村では、落ちてきた実に関しては誰が持ち帰っても良い決まりになっています。
ドリアン拾いは、子供達の楽しみのひとつですね。


1~3枚目:K-5 & FA35mmF2AL
4~7枚目:K-5 & DA*50-135mmF2.8ED

[PR]
by asang | 2013-01-26 08:52 | Kalimantan
2013 カリマンタン帰郷 (#04)
今回の帰郷で一番雰囲気が変わっていて驚かされたのがMaike。
前回のエントリーで登場のGraciaのお姉ちゃんです。

b0170682_23575733.jpg


4年前は顔立ちもふっくらしていて、まだあどけなさも残る少女でしたが...

b0170682_23585417.jpg

b0170682_23595068.jpg


久しぶりに再会したら、綺麗なお姉さんに成長していてびっくりでした。

b0170682_00830.jpg


高校進学を機に州都のサマリンダ市に下宿していたのですが、
都会の雰囲気になじめなかったのか不登校になってしまい、村に戻ってきました。
今は隣村に出来たばかりの高校で、1年生からやり直し入学しています。

のんびりとした性格ではありますが、両親を手伝ってよく働きます。
夕餉の支度にお米のゴミを選り分けるMaike。

b0170682_01963.jpg


大人びて綺麗になったし、働き者だし... こんな子をお嫁さんに欲しいなぁ ^^);

b0170682_024100.jpg


1・4枚目:K-5 & FA77mmF1.8 Limited
2・3枚目:K200D & FA FA35mmF2AL
5・6枚目:K-5 & FA43mmF1.9 Limited

[PR]
by asang | 2013-01-18 23:57 | Kalimantan
2013 カリマンタン帰郷 (#03)
姪っ子達の中でも一番小さくて、洟垂れで泣き虫だったGracia。

b0170682_23572617.jpg

b0170682_23575064.jpg

4年前はママのおっぱいが恋しい年頃でしたが...

b0170682_23582727.jpg



すっかり生意気さんになっていました。

b0170682_2358556.jpg

4年前に会った私のことを覚えているのかどうかわかりませんが、
見慣れない私に怖気づくこともなく、胡坐をかいて座る私の膝の上にちょこんと乗っかってきます。
もう、可愛くて可愛くて仕方がないです ^^)v

小学校に通うようになり、民族語のケニャ語のほかにインドネシア語も喋れるようになり、
前よりもコミュニケーションが取れるようになりました。
夕餉前のひと時を、一緒におはじき遊びなどして過ごしますが、
手順を間違う私を「叔父さん、ちが~う!」なんて叱りつけてきます。
Graciaと一緒に過ごす時間は、幸せすぎて頬がとろけてしまいそうです。


大好きなパパに抱っこされて。

b0170682_23593044.jpg


民族衣装も4年前に比べて丈が足りなくなっているようです。
来年あたり、作り変えなければならないかもしれませんね。

b0170682_23595326.jpg


1枚目:K200D & FA FA35mmF2AL
2枚目:K200D & FA77mmF1.8 Limited
3枚目:K200D & FA43mmF1.9 Limited
4・5枚目:K-5 & FA43mmF1.9 Limited
6枚目:K-5 & FA77mmF1.8 Limited

[PR]
by asang | 2013-01-17 23:56 | Kalimantan
どんな笑顔に逢えるかな?
日本は連休ですね。
紅葉を撮影に小旅行に出かける方も多いのかな?

こちらは日本より3名ののお客さんを迎え、休日返上の業務対応中。
昨日は植物園を中心にボゴール市内を案内してきました。
今日からは5日間かけて西ジャワの農村部を回る予定です。
雨季の最中なので、道中の悪路が心配の種ですが...

b0170682_722246.jpg

これから農村に向けて出発。宿泊はホームステイなので
村の子達の可愛い笑顔に出会えることが楽しみです。

b0170682_725927.jpg

b0170682_732436.jpg


K-5 & FA35mmF2AL
[PR]
by asang | 2012-11-24 07:06 | Ruralscape
Icha Annisa
古い写真を整理していると、「あー、こんな写真撮っていたな」という
懐かしい写真が出てきて整理作業が中断してしまいます。

友人に誘われて撮影会に顔を出し始めた頃に撮らせて貰ったIcha Annisa。
写真のExifを見ると、2008年10月の撮影になっています。
Icha、天真爛漫な彼女に、当時とっても心惹かれました。

b0170682_1810429.jpg

b0170682_18114435.jpg

当時は望遠レンズを持っていなかったので、
上の2枚、高倍率ズームのTamron 18-250mmで撮っています。

せっかく綺麗な女性を撮らせてもらえるのに、甘い描写ではもったいないな、と
この撮影の後にDA*50-135mmを購入することになったのでした。
それがレンズを増やすきっかけにもなってしまったのですが...

b0170682_1812278.jpg

b0170682_18131067.jpg


ジャカルタ北部コタ地区の廃墟ビルに、毎月のように通ったのもこの頃でした。

b0170682_18131584.jpg

当時はインドネシアでも今ほどの写真ブームは起きておらず、
撮影会もモデルさん2人に撮影者5~6人、といったゆったりした撮影ができたんですよね。
最近はモデル10人、撮影者60人なんてイベントばかりで、
落ち着いて撮影できないので、すこし足が遠のいています。


使っていたカメラは2008年2月発売のK200D。
屋内では高感度での撮影もできず、オートフォーカスも不正確でしたが、
いろいろと工夫して撮る、そのプロセスがとても楽しいものでした。

今使っているカメラK-5は、感度をISO 2000まで挙げても絵が破綻しないし、
AFはスッと決まるしで、その分、何も考えずにシャッターが切れてしまいます。
K-5になったからこそ撮れた写真も数多くあり、カメラの進歩は嬉しいことではあるのですが、
「撮っているぞ」という楽しさが、以前より感じられなくなってしまっているのも正直な感想です。
贅沢すぎる不満なのですが...


撮影が難しいが故にいろいろと工夫することを、
撮影仲間達に教えて貰ったことも、とっても勉強になりました。
ストロボを三脚につけてアンブレラを使って撮影なんて、教えて貰って初めて仕組みが理解できました。
最近のイベントでは、我先に良い絵を撮らんとする撮影者が被りつきで並ぶ列の勢いに気おされて、
撮影技術の教えを請う、なんて雰囲気ではなくなってしまったのが残念です。
モデルさんとゆっくりおしゃべりしながら撮影というスタイルも、なくなってしまいました...


K200DとFA77mmの組み合わせ。絞りはF2.0で。

b0170682_1814868.jpg

フレアっぽくてコントラストが足りない、という見方もあるでしょうが
こういうふわっとした感じの写真も、私は好きなんであります。


1・2枚目:K200D & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
3・4・6枚目:K200D & FA77mmF1.8 Limited
5枚目:K200D & FA35mmF2

[PR]
by asang | 2012-11-10 18:18 | Portrait
森から帰ってくると
おじさん達に同行してハチミツ採集の様子を見せて頂いた森の散策。
集落に帰り着いたのはお昼前でした。

b0170682_153829.jpg


集落ではおばちゃん達が井戸端会議の最中。
この地域ではもう3ヶ月もまとまった雨が降っていないそうで、
おばちゃん達の集まりは水辺ではありませんでしたが...

b0170682_161798.jpg

b0170682_118869.jpg

b0170682_171249.jpg


よそ者が来ることすら稀なジャワ島最果ての集落。
いわんや日本人が4人も来たので、皆の視線が集まります。

b0170682_181789.jpg


この集落では2年前にも写真を撮っていますが、多くの人が私のことを覚えていてくれました。
子供達の中にも懐かしい顔が...

b0170682_184753.jpg

b0170682_192547.jpg


次の再会はいつになるでしょうか。
近いうちにまた遊びに行けたらイイのですが。


1枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8
2~7枚目:K-5 & FA35mmF2AL

[PR]
by asang | 2012-09-25 01:23 | Ruralscape
跳べ、力強く!
路地裏で子供達が石蹴りをしていました。

b0170682_76481.jpg

b0170682_763324.jpg

石蹴り、自分も子供の頃に遊んだようにも思うのですが、
遊びのルールをあんまり覚えていません。

覚えているのは、「ケンケンパッ」という掛け声とともに、
地面に白墨で描いた升目を跳んだということだけ。

b0170682_773318.jpg

b0170682_771892.jpg

目の前で子供達がくりひろげる遊びを見ていても、やっぱりルールは良くわからないままですが、
真剣な顔をして跳び跳ねる子供達を見ているのは楽しい時間でした。

b0170682_781050.jpg

b0170682_775559.jpg


K-5 & FA35mmF2AL
[PR]
by asang | 2012-04-21 07:11 | Friends, neighbors
路上の表情 (#02)
ジャカルタのペンタックス・ユーザーに誘われてのボゴール散策。
みんな写真好きだけあって、めいめいが「これは」と感じる被写体を見つけては
カシャッ、カシャッとシャッターを切っていきます。

b0170682_20423213.jpg

こうして皆で撮影しながら歩くと、自分にとっては興味を惹かれなかった対象が、
友人にとっては面白い被写体に思えるんだなぁ、という各人の関心の違いが面白いです。
私もフィルムカメラのMZ-7とデジカメのK-5をとっかえひっかえしながら、
興味を惹かれたあれこれにレンズを向けます。


こういうのは写欲をそそられますね。
ダンボールいっぱいに詰まった金目鯛の干物です。

b0170682_20431919.jpg



歩道に手押し車を停めての、サテ・アヤム(鶏の串焼き)の行商。

b0170682_20445478.jpg



我々一行を興味深げに眺めていたおじさん。
ムチャクチャ恰好良かったので、お願いして一枚撮らせて貰いました。

b0170682_2043509.jpg




母親が買い物している間、お店の外で母の用事が済むのを待っていた兄弟。

b0170682_20453813.jpg

撮れた写真をカメラの液晶画面で見せていたら、お店の中から「あら~、写真撮って貰ったのー? 良かったねぇ」と母親の声がします。
なんてことのないこうしたコミュニケーションが、心にしんみりと嬉しいのです。

b0170682_2046473.jpg


K-5 & FA35mmF2
[PR]
by asang | 2012-03-20 20:57 | Urbanscape
路上の表情
仲間達と誘い合ってのボゴール撮影散策。
私はMZ-7にFA43mmを、K-5にはFA35mmを付けて歩くことにしました。

雨上がりの市場は水たまりで通り抜けも困難でした。

b0170682_21572145.jpg



山に積まれていたドリアン。
ローカル種で、1個20,000ルピアほど。

b0170682_21574720.jpg



露天で売られていたバービー人形。

b0170682_21582293.jpg

手前に並べられているのは着せ替え用の洋服。
人形の後ろにはロックバンドやアニメのポスターが吊られています。

b0170682_2159012.jpg




路地裏でサッカーをしていた子供達。
「撮って、撮って」と寄ってきます。

b0170682_21592719.jpg



さて、次はどっちへ行こうかしらん...

b0170682_2201582.jpg


K-5 & FA35mmF2
[PR]
by asang | 2012-03-19 22:04 | Urbanscape
みんなペンタックスが好きなんです!
先週の土曜日は久しぶりにフィルム機のMZ-7を持ち出しました。

インドネシアのペンタックス・ユーザーが集うメーリング・リストにて
「銀鉛機で撮り歩きしませんか?」との連絡が入ったのが前日の金曜日。
急な誘いではあったのですが、幸いにも集合場所がボゴールのチャイナタウンだったので顔を出すことができました。


集まったのは私を含めて7人の仲間。私以外は皆さんジャカルタからボゴールにやって来ます。

インドネシアですので、集合時間はあって無きようなもの。
朝一番に来てお昼には帰ってしまう人、お昼過ぎに合流する人、と
全員が揃うことは叶いませんでしたがとりあえず記念撮影を。

b0170682_2240659.jpg



今回の集まりの発起人となったNovaさん。
KMに50mmレンズを付けて街撮りです。

b0170682_22404243.jpg



インドネシアでのペンタックス・ユーザーのリーダー的存在であるAgaさんは
MZ-50にPolar 14mm f2.8を付けての撮影。

b0170682_22411395.jpg

このレンズ、Polar銘でしたが、Samyangというメーカーからも同じレンズが出ていますね。
1枚目の集合写真はこのレンズをお借りして撮っています。


マクロ好きのYossさんは、MZ-10とキットレンズで路地裏で屈みこんで被写体を探していました。

b0170682_22415021.jpg



こちらもKM使いのOscarさん。
路地裏で遊ぶ子供達をVivitarの200mmレンズで狙っています。

b0170682_2243272.jpg



ジャカルタからバイクを飛ばして駆けつけたTriajiさんはZ-50pをお使いでした。

b0170682_224638100.jpg



NovaさんのKM & SMC 50mm F1.2。メタリックな感じがカッコイイです!

b0170682_22435343.jpg



私は他の約束があって4時間ほどの参加となり、途中で抜けてしまいましたが、
皆は近くのカフェで夕食を取りながら写真談義に花を咲かせることになったようです。
最後までご一緒できなくて残念でした。


撮影したフィルム2本、まだ現像に出せていません。
どんな写真になっているか楽しみです。


1枚目:K-5 & Polar 14mmF2.8
2~7枚目:K-5 & FA35mmF2AL

[PR]
by asang | 2012-03-17 22:55 | Event