タグ:DA18-55mmF3.5-5.6AL II ( 8 ) タグの人気記事
結婚式に出席してきました (#9)
こちらの披露宴は開始時間・終了時間がなく、一日中オープンです。
結婚の誓いが終わってしまえば、あとは特にイベントがあるわけでなく、
新郎新婦は祝福に訪れる訪問者を迎えるだけです。


来客は好きな時間に来て新郎新婦に挨拶をし、その後はビュッフェ・スタイルの食事を頂いて帰ります。
披露宴会場には、来客をもてなすための多種多様な料理が用意されています。

b0170682_21351342.jpg

b0170682_2135391.jpg

b0170682_21362945.jpg

b0170682_21364848.jpg



結婚式に出席するというのは、乱暴に言ってしまえば「新郎新婦に挨拶し、おいしい食事を頂いて帰る」ということと言ってしまえるかもしれません。
人によっては15分ほど顔を出して帰ってしまう人もいますし、古い友達と再会して一日中昔話に花を咲かせる人もいたりと、出席のスタイルは人それぞれです。
こんな感じで食事を頂き、頃合いを見計らって場を辞します。

b0170682_21374155.jpg

b0170682_21381663.jpg



披露宴会場を借りてしまうと時間も限られてしまいますが、このように自宅で開かれる披露宴は終日オープンで、
来客がいなくなれば披露宴もお開きという、非常にアバウトな時間感覚です。
自宅で開かれる披露宴、文字通りアットホームな感じで私は好きです。


1・5・6枚目:K200D & DA18-55mmF3.5-5.6AL II
2~4枚目:K200D & FA43mmF1.9 Limited

[PR]
by asang | 2009-12-23 21:44 | Event | Comments(2)
結婚式に出席してきました (#6)
一般に家庭で開催される披露宴では、明確な開始時間・終了時間というものがありません。
(インドネシア全般でどこまで一般的なのかはわかりませんが、私がこれまでに出席した披露宴はそうでした)。

ほとんどのケースでは、朝早くにイスラム導師の立会いのもとに結婚の誓いが執り行われ、その後は夜まで披露宴となります。
披露宴は一日中オープンで、出席者は好きな時間に来て、好きな時間に帰ります。

順を追って式の進行を見てみましょう。
朝8時、挙式が始まりました。
新郎側と新婦側に分かれて、それぞれ列をなします。
b0170682_196170.jpg

新郎の左右にいる女性は職場の同僚です。
その後ろに新郎の両親が並んでいます。


準備が整うと新郎側が前に進み出て、新婦の家族に相対します。
b0170682_196431.jpg

b0170682_197994.jpg

b0170682_1973761.jpg


この時点では新婦はまだ皆の前に姿を見せていません。
ここで、新郎が新婦側の両親に対して結婚の許可を求めました。
後ろに控える新郎の親族は、贈り物を手にしています。

b0170682_1981363.jpg



結婚の許可を求めるために新婦の家族の前に立つ新郎。
とっても凛々しかったです。
b0170682_1983878.jpg



新郎の求めに対して、新婦の父親が了承の発言をし、ここから結婚の誓いに移ります。
ちなみに4~6枚目の写真はカメラと同時に購入したキットレンズで撮影しています。
失敗できない場面でしたが、十分に活躍してくれました。
あらためて見直してみても、等倍での鑑賞にも十分に堪える解像感です。
やるじゃん、キットレンズ!


1~3枚目:K200D & DA*50-135mmF2.8
4~6枚目:K200D & DA18-55mmF3.5-5.6AL II

[PR]
by asang | 2009-12-16 19:20 | Event | Comments(2)
結婚式に出席してきました (#4)
3回にわたって先日出席した村での結婚式の様子を紹介しましたが、せっかくなのでこれまでに撮った別の結婚式の様子もご紹介しましょう。

仕事仲間の結婚式。
ボゴール市の下町に住む新婦の実家での結婚式でした。
新郎・新婦ともスンダ人です。


イスラム導師による結婚の誓い。
新郎新婦の後ろでは近所の人たちが見守っています。

b0170682_23523468.jpg



新婦のRusmiati。彼女が高校生の頃からの10年来の知り合いです。

b0170682_2353322.jpg



手にしているのは結婚証明書。
パスポート様の書類で、夫用・妻用のそれぞれの証明書があります。

b0170682_23533132.jpg



結婚式が済むと披露宴になります。
披露宴は多くの招待客が来るので、実家では手狭だったのか、家の近所の広場にあるバドミントン・コートにテントを建てての披露宴でした。

b0170682_2354663.jpg

すごくアットホームで印象に残る結婚式でした。


1枚目:K200D & DA12-24mmF4
2・3枚目:K200D & FA50mmF1.4
4枚目:K200D & DA18-55mmF3.5-5.6AL II

[PR]
by asang | 2009-12-13 23:56 | Event | Comments(2)
恐怖体験
昨日は蚊との格闘の話を紹介しましたが、今日はもっと上をいく憎らしい奴の話。
ボゴールでの7年にわたる駐在生活の中で、もっとも恐ろしかった体験。
ちょっと長い話になります。

そいつは突然、大挙して我が家にやってきました。
私はいつもの通り、パソコンに向かって事務処理の文書を作っていました。

気がつくと、妙に脛が痒い。
蚊が飛んでいるんだろうと、足をボリボリ掻きながら仕事を続けていましたが痒みがなかなか引きません。
なんだかいつもと違うな、と思い足元を注意して見てみると、なにやらピョンピョンと跳ね回る小さな黒いモノが。
更に注視してみると多くのノミが私の足の周りで踊っていました。

とりあえず床にしゃがんで、手当たり次第に潰します。
が、すばしこいのと数が多いのとで手に負えません。
それどころかじっとしているとあちこちから集まってきて、しゃがんでいる私めがけて飛んできます。

気がつくと体じゅうがノミの餌食に。
その痒さたるや尋常ではありません。気が狂わんばかりの痒さなのです。

地獄の日々の始まりです。
痒さは苛立たしさを超えて恐怖すら感じる日々に変わります。
ノミの行方が気になって、仕事はおろか休息もできません。
とにかく黒い小さなものが怖い。
床に見える小さな黒点が目に入るやいなや、潰しにかかります。
で、よく見たら小さなゴミだったり。
もっとひどいのは脛に見える黒い点を潰そうと思ったら、自分のホクロだったり...

あまりの痒さと苛立たしさに頭がオカシクなりそうです。
気がつくと、イヒヒヒヒヒッと笑い始めたり、ウケケケケッなどと奇声を発しはじめています。
これまで、そんな奇声を発する人間は筒井康隆の小説の登場人物ぐらいのものだと思っていましたが、
人間、極限に追いやられると本当に奇声を発するようです。
筒井康隆の作品が極めてリアリズムを追及したものであることを再認識しました。

何よりもつらいのは痒くて眠れないこと。横になってもしばらくすると全身の痒みで目が覚めてしまいます。
それでも寝入ってしまうと無意識に掻きむしるため全身血だらけ。傷口は化膿して膿だらけ。
何とかせねば...


インターネットで退治法を探してみたところ、潰すのは体内の卵が飛び散るために逆効果であることを知りました。

そして、インターネットで知り得た当面の対応策は日本酒と蛍光灯を使ったライトトラップ。
日本酒を満たし、台所用洗剤を数滴垂らした丼鉢を部屋の中ほどに設置し、卓上蛍光灯を照らすというもの。

b0170682_2125414.jpg


驚くことに、一晩明けると100匹近くのノミが溺死していました。
これを3日続けてみました。
たしかに連日、多量のノミが溺死しています。

b0170682_2133778.jpg


しか~し、それでも被害は一向に収まらず、本格的な対応が必要と判断。
最終的に害虫駆除の専門業者に頼りました。


丼鉢ごと業者に見せると、こちらでは「猫ノミ」と呼ばれる、ペットによくいるノミとのこと。
「痒いでしょう?」って、当たり前じゃ!
とにかく何とかしてください、とお願いして、薬剤散布をしてもらうことにしました。

1週間に1回の薬剤散布を3回続けるとのこと。
費用はトータルで約6,000円と結構高かったのですが、そんなことは言っていられません。
何でもいいから、とにかく退治してくれ、ということで即契約。

翌日、ガスマスクを身につけた対テロ対策戦闘員のようなおじさんが二人やってきて、家中に薬を撒いてくれました。

b0170682_214073.jpg


さすがに効果テキメンで、その日の夜から飛び跳ねる悪魔を見なくなりました。

ゲンキンなもので、ノミが見えなくなると支払うことになっている6000円が妙にもったいない気が...
残り2回の散布、必要ないじゃん、なんて。

ところがどっこい、業者は正しかったのです。
1回目の散布後、4~5日してノミの恐怖から開放された喜びを噛みしめ始めたころ、再び奴らの襲来にあったのです。

原因は奴らが死ぬ前に産み落としていった卵。
薬剤散布で成虫は死んでしまっても、数日後には卵から羽化した第2世代が活動を始めます。
阿鼻叫喚ふたたび...
シガニー・ウィーバーもビックリの、映画エイリアンなみの展開です。

ころあいを見計らったように、害虫駆除業者が。
泣きつくようにして薬剤散布をお願いし、ふたたび安息の日々が訪れることを祈ります。


業者の活躍のおかげで3週間後の最後の薬剤散布をもって我が家のノミは完全に退治できました。

それにしても体長1mmにも満たない奴らが、こんなに恐ろしいとは。
このノミの襲来は私にとって結構トラウマ体験で、未だに床に落ちている黒い塵を見つけると恐怖を覚えます。
2度とあんな体験はしたくないものです。


1・2枚目 K200D & FA35mmF2AL
3枚目 K200D & DA18-55mmF3.5-5.6AL II

[PR]
by asang | 2009-06-14 21:11 | Daily life | Comments(5)
シンガポール
仕事の都合でシンガポールに行っていました。
1泊2日という慌しい行程なので、何も楽しめません。
といってもシンガポール、面白みがあまりないんですよね、私には。

シンガポールにはそれなりに頻繁に行くのですが、楽しみと言えば食事ぐらいかな。
あとは、カメラ屋さんを見て回るぐらいか。
今回はカメラも持たずに身軽に行ったので、写真も撮っていません。

せっかくなので以前に撮った写真を。マーライオン広場から対岸を撮った写真。
色味はマゼンダがかっていますね。
K200Dを購入して1ヶ月ぐらいのときだったので、まだ自分の好みの設定を試行錯誤していた時期です。

b0170682_2215335.jpg

K200D & DA18-55mmF3.5-5.6AL II

キットレンズで撮影していますが、あらためて見直してみても馬鹿に出来ないですね、キットレンズ。
中心部はかなりシャープです。条件さえよければ、十分に使いでのあるレンズだと思います。
実質1万円を切るレンズでこれだけ撮れれば言うことなしではないでしょうか。
私は周辺部の解像度と望遠端の暗さに妥協できずに、格上レンズを買い増してしまいましたが。
[PR]
by asang | 2009-05-07 22:05 | Urbanscape | Comments(0)
農村風景 (#3)
昼下がりのカンプン。
川原で水遊びをする子ども達。
K100D super & DA18-55mmF3.5-5.6AL
b0170682_2251421.jpg


西日射す水田。
聞こえていたカエルの大合唱をお伝えできないのが残念。
K200D & DA18-55mmF3.5-5.6AL II
b0170682_226775.jpg


畑での仕事を終え、家路につく農民。
バナナを担いで黙々と歩く姿が印象的でした。
K100D super & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
b0170682_2264787.jpg


夕焼け小焼けで日が暮れて...
なんとも美しい夕焼けでした。
K100D super & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
b0170682_2271614.jpg



1枚目や最後の写真は、デジタル一眼レフを買ったばかりのころの写真です。
こうやって見直してみると、構図も何もないですね...
余計な木々が入ってしまったり、水面に映る椰子の木が切れていたりで、
ただ撮りました、という感じ。

興味深いものや美しいものを目にすると、はやる気持ちでカメラを構え、
ファインダーの中央しか見ていないので、残念な写真ばかり量産してしまいます。
撮っているときは本当に楽しいのですが...
一呼吸おいて、落ち着かないとダメですね。
[PR]
by asang | 2009-04-23 22:09 | Ruralscape | Comments(2)
農村風景 (#2)
農村の朝。
水田に朝日が射す様はなんともいえず美しい時間です。
K100Dsuper & DA18-55mmF3.5-5.6AL
b0170682_2057551.jpg


朝霧の漂うなか、自分の田に向かう人びと。
K200D & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
b0170682_2057469.jpg


水田の風景って、気持ちがとても落ち着くんですよね。
自分がアジア人であることをあらためて感じます。
K200D & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
b0170682_20584626.jpg


村の米倉。
ここスンダ地方では「Leuit (ルゥイッ)」と呼ばれています。
蔵の壁は木材や竹で編んだ「Bilik (ビリッ)」を使い、屋根はヤシの葉で葺いてあります。
竹で編んだ壁材、破けそうな名前ですが数年は持ちます...
K200D & DA18-55mmF3.5-5.6AL II
b0170682_20592424.jpg


PLフィルター使ってみました。
K200D & DA18-55mmF3.5-5.6AL II
b0170682_20595796.jpg


[PR]
by asang | 2009-04-22 21:04 | Ruralscape | Comments(0)
ボゴール市
ボゴールの町でもっとも有名なのがボゴール植物園(Kebun Raya Bogor)。
1817年にオランダ植民地政府によって設立されています。

87Haに及ぶこの植物園は東南アジア最大の広さだそうで、じっくりと見て回るには1日では足りません。
ボゴールを訪問した日本人はたいていこの植物園に足を運ぶので、私も何度と無く友人・知人を案内するために入園しています。
友人らを案内するために植物園について調べてみたことがあるのですが、
その歴史や設立目的などとても興味深いものでした。詳細はいずれまた・・・


植物園の正門。
b0170682_227184.jpg


植物園に隣接されている大統領別邸「ボゴール宮殿」。
b0170682_2282587.jpg


この植物園の落ち着いた雰囲気が私は好きです。
b0170682_2293792.jpg


荘厳な雰囲気さえ漂うカナリアノキの並木。
b0170682_22104617.jpg


1・2枚目 K200D & DA18-55mmF3.5-5.6 AL II
3・4枚目 K200D & DA12-24mmF4

[PR]
by asang | 2009-04-18 22:13 | Urbanscape | Comments(0)