タグ:DA*60-250mmF4ED ( 39 ) タグの人気記事
もうすぐ収穫
1ヶ月前ほどのことになりますが、ボゴール県下でもマンゴスチン栽培で有名な村にお邪魔しました。
雨季に入ったばかりのことで、残念ながらまだ実が熟すところにまで至っていなかったのですが、
幹線道路沿いに並ぶ家々の裏手の畑に、多くのマンゴスチンが植えられているのを見ることができました。

b0170682_2362239.jpg

b0170682_2364124.jpg

収穫前のまだ青いマンゴスチン。
この状態から2~3週間で熟れて採り入れできるようになる、とのことでした。
ちなみに、市場に並ぶマンゴスチンの写真はコチラ
この淡い緑色が、数週間をかけて赤黒い果皮に変わっていくのですね。


木の根元には、植えられた小さな苗木が育っていました。

b0170682_2372230.jpg

植えてから最初の収穫まで10年ぐらいかかるそうなので、
「桃栗3年柿8年」よりも、もっと時間のかかる果物ですね。

こうしてみると可愛らしい果実です。
こんな実が1本の木に2000個ほど実るとのこと。

b0170682_2374073.jpg

写真を撮ったのが一ヶ月前でしたので、
今頃はこれらの実も市場に出されていることでしょうね。


写真を撮りながら農家の方に話を伺っていたら、畑での作業の帰りでしょう、
家路に就くご家族が通りかかります。

b0170682_2382129.jpg


ちょうど小路を覆うマンゴスチンの大木の下をくぐっていくので、後ろからも一枚。
これから沐浴を済ませ、夕餉の支度をするのでしょうか。
お孫さん連れの後姿がなんともほのぼのとしていて、見入ってしまいました。

b0170682_2384954.jpg


Location @ Karacak Village, Bogor District, West Jawa.
1~3枚目:K-5 & Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II
4~6枚目:K-5 & DA*60-250mmF4ED

[PR]
by asang | 2012-12-19 23:16 | Ruralscape | Comments(6)
出張中でゴザイマス (#04)
日本から3名の女性を迎えての2週間の出張。
後半はジャワ島最西端の村に向かいました。

集落ではハニーハンターのおじさん達のハチミツ採集活動に同行します。
焼畑跡地の二次林の中を歩くこと30分。

b0170682_2193367.jpg


ミツバチが巣を掛けている木に到着すると、煙を焚いてミツバチを追い払うための松明づくりが始まります。

b0170682_2203452.jpg


この日に採集をしたハチの巣は、高さ8mぐらいの木の幹にありました。
今回の訪問に当たり、1ヶ月ほど前からお願いして、
集落の最寄りのハチの巣を、この日のために採らずに残して貰っていたのでした。

腰から松明をぶら下げた青年が木に登って、ハチミツの詰まった巣を採集します。
松明の煙に燻されて、パニックになったミツバチが辺りを飛び回ります。
採集活動のあいだ、3人の日本人は飛んでくるハチに刺されないよう、森の中に吊るした蚊帳に入ってもらいます。

b0170682_2212149.jpg


長さ1mぐらいの小ぶりのハチの巣でした。
蜜の詰まっている先端の部分だけ頂き、幼虫がいる部分は採らずに残しておきます。

b0170682_2224036.jpg


採集を終えた後は、火事にならないように松明の火をしっかりと消します。

b0170682_2231931.jpg



この日採集したハチの巣。蜜が詰まっているのが見えるでしょうか?

b0170682_224257.jpg

本当は森のもっと奥深くまで出向いて、大きな巣の採集を見せたかったのですが、
ジャングル歩きの経験のない日本人女性を連れて遠出するのは無理があるので、
小さい蜂の巣ながら、集落の近場でデモンストレーションを見学いただきました。

集落に戻って採れたてのハチミツを頂きます。

b0170682_2243822.jpg


甘くて美味しかったです。
クマのプーさんは、こんな美味しいものを頂いているんですね(笑)。

ハチミツを頂いた後は、ハニーハンターのおじさん達と一緒に昼食です。

b0170682_2252659.jpg


ジャワ島の最西端まで出かけるということで、お三方には長距離移動を強いることになってしまいましたが、
普通の観光ツアーでは経験できない体験に、喜びを感じてくれていると良いのですが...

天然ハチミツの採集については、いずれ稿をあらためて詳しくご紹介したいと思っています。


1・2・6・7・8枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8
3~5枚目:K-5 & DA*60-250mmF4

[PR]
by asang | 2012-09-17 02:34 | Event | Comments(2)
出張中でゴザイマス (#02)
日本からいらした3名の女性をお連れしての、私の仕事現場訪問出張。
週の後半は、ボゴール県南部にある国立公園に出かけます。

日の出前のAM5:30。国立公園に隣接する茶のプランテーションにて朝日が昇るのを待ちます。
文字通りの雲霧林にたちこめる朝霧が美しいです。

b0170682_13535679.jpg

b0170682_13534487.jpg


この場で待つこと20分、山の端から太陽が顔を出します。

b0170682_13544440.jpg

b0170682_13545572.jpg



朝日を眺めながら佇むKさん。
どんなことをお感じになったでしょうか。

b0170682_141842.jpg


乾季が終わりつつあるこの時期は、連日に渡って美しい朝日や夕日が目に出来て、ちょっと嬉しいシーズンです。

b0170682_1413690.jpg

b0170682_1415593.jpg


1~3枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8
4~7枚目:K-5 & DA*60-250mmF4

[PR]
by asang | 2012-09-08 23:50 | Event | Comments(0)
ラマダンの恒例イベント
今日はラマダン(断食月)の恒例イベント、イスラム服を纏った女性達の撮影会に出てきました。
午後から始まって17:57の日没の合図までを撮影で過ごし、その後、皆と断食明けの会食。
今しがたようやく家にたどり着きました。


撮って出しを4枚ほど。
全てカスタム・イメージはナチュラル、ホワイトバランスはオートで撮っています。

b0170682_23543984.jpg

b0170682_23551661.jpg

b0170682_23554723.jpg

b0170682_23554412.jpg


16GBのSDカードが満杯になるほどの枚数を撮影したので、
これからの写真のセレクトが大変なことになりそうです。


1~3枚目:K-5 & DA*60-250mmF4
4枚目:K-5 & Makro-Planar T* 2/100

[PR]
by asang | 2012-08-04 23:58 | Portrait | Comments(8)
火焔木
前回のエントリーにて鳳凰木を紹介しました。
ホウオウボクはその風貌から火焔樹(カエンジュ)と呼ばれることがあり、
時として火焔木(カエンボク)と混同されることがあると記しましたので、
ついでながらカエンボクについても触れておきましょう。

我が家から歩いて3分のところにあるカエンボクの花。
火焔と言われると、なるほど納得の容姿をしています。

b0170682_0151336.jpg

b0170682_0155638.jpg

ちなみに上の2枚、同じ枝の写真です。
撮影データを確認すると、1枚目が2008年2月2日に撮影、2枚目はその5日後の2月7日の撮影となっていました。


萼(がく)の部分ははまるで熊の爪のような形をしています。

b0170682_0161172.jpg


根元に落ちていた花。

b0170682_0165425.jpg



カエンボク、西アフリカ原産のノウゼンカズラ科の常緑樹です。
英語では African tulip tree と呼ばれていますが、これをチューリップに見立てるセンスはいかがなものでしょうか?
手元にある数冊の図鑑で調べてみると、どの図鑑にもインドネシア語は Kecrutan とありましたが、
とてもよく見かける花なのに、近所の人に Kecerutan と言っても誰も知りませんでした...
私の周りでは、単に「赤い花」と呼ばれているようです。

でも、実は黄色の花もあります。
インターネットで検索しても、赤い花の写真ばかりで黄色の花はほとんど見当たらなかったので、もしかしたら珍しいのかもしれません。

b0170682_0183190.jpg

b0170682_019043.jpg

この黄色い花はボゴール県と隣県のスカブミ県との県境で目にしたものですが、
ここでは赤い花の木と黄色の花の木が隣り合わせに植えられていました。
樹高は15mぐらいでしょうか、結構大きな木です。

b0170682_0194597.jpg


ちなみに、このカエンジュと前回紹介のホウオウボクに、ジャカランダを加えた3種は、「世界三大花木」と呼ばれているそうです。
世界三大に数えられる花のうち、2つまでが我が家の近所にあると考えると、ちょっと誇らしく思えてしまいますね。



追記
このエントリーをアップ後、ネットで調べていたらちょっと面白いことがわかったので備忘録として記しておきます。

学名の Spathodea campanulata ですが、種小名のcampanulataとは、ラテン語で「つり鐘」を意味する言葉が語源とのこと。
それゆえ同じようなつり鐘型の花を持つ種に、同様の学名がつけられていることが多いようです。
身近なところでは寒緋桜(カンヒザクラ: Prunus campanulata )なども同じ種小名です。
ツリガネソウの栽培品種がカンパニュラと呼ばれるのも、その容姿からなのだと納得しました。
私にとってはちょっとしたトリビアなネタでした。



カエンボク:Spathodea campanulata
1~3枚目:K100D super & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
4枚目:K100D super & FA50mmF1.4
5~7枚目:K200D & DA*60-250mmF4

[PR]
by asang | 2012-04-14 00:31 | Flora & Fauna | Comments(4)
鳳凰木
夕方にスマトラ島沖で大きな地震があったようです。
私は揺れも感じず地震に気がつかなかったのですが、
日本の家族やら東京の職場から安否確認の電話があって、はじめて地震があったことを知りました。

急いでテレビをつけたところ、現地からの報道がされていましたが、
幸いにも2004年の地震ほど大きな被害は出ていない模様。
私にはスマトラ島北端のアチェに愛しい妹分がいるのですが、連絡がつかないことが気がかりではあります。
報道によると電力公社は送電を一時停止しているとのことで、
電力が復旧次第、携帯電話のショートメールに無事だとの返信があることを祈るのみです。

ボゴールにいる私自身は特に慌てることもなく、通常の生活を送っております。
ご心配頂いた皆様、お気遣いありがとうございました。



さて、4月に入り日本ではあちこちから桜の便りが届くようになりましたね。
残念ながらインドネシアの我が家の近所では、桜の木を目にすることは出来ませんが、
リンクいただいているブロガーさん達の写真で、今年の桜を愛でさせていただいています。

日本の花といえば、真っ先に桜が思い浮かびますが、
日本の桜にあたるような、インドネシアを代表する花って何だろうと考えてみます。
国花はジャスミンと定められていますが、
年がら年中咲いている、庭木にするような花ですので、あらたまって花見会を催すような花ではないですね。

言われてみると花見に相当するような言葉をこちらでは聴いたことがありません。
「今年の○○の花は見事ですね~」といった会話をした記憶もないのです。


個人的には、街路樹の鳳凰木(ホウオウボク)の花が咲くと、おおっと見上げることが多いでしょうか。
鳳凰木、ジャケツイバラ科の落葉高木ですが、青い空を背景に朱色のこの花が咲いていると、ずいぶんと艶やかに感じられます。

b0170682_19573663.jpg

b0170682_19575633.jpg

英語では Flamboyant とか Royal Poinciana などと呼ばれるそうで、もともとはマダガスカルの原産なのだとか。
インドネシアでは街路樹として植えられることも多く、ボゴール市内でもあちこちでに目にします。
インドネシア語では何と言うのだろうと図鑑を引っ張り出しましたが、土着の言葉はない様で英語由来の Flamboyan と記されていました。

b0170682_19581555.jpg

b0170682_19583257.jpg


桜のような繊細さはありませんが、
熱帯の太陽を浴びて、ダイナミックに咲き誇る様はなかなかのものです。

b0170682_1959279.jpg

b0170682_19592614.jpg


沢山の花が咲くとまるで燃えているように見えることから火焔樹(カエンジュ)と呼ばれることもありますが、
ほかに火焔木(カエンボク)なる木もあるのでややこしいです。


ホウオウボク:Delonix regia
1~2枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8
3~6枚目:K-5 & DA*60-250mmF4

[PR]
by asang | 2012-04-11 20:05 | Flora & Fauna | Comments(8)
Andi Andriani
先日の撮影でモデルを務めてくれたAndi Andriani。
立居振る舞いや化粧の雰囲気が、古きよき時代の伝統的なインドネシア美人という感じでとても好印象でした。

b0170682_2356488.jpg

b0170682_23571247.jpg


お化粧の具合でしょうか、雰囲気が初代インドネシア大統領の第3夫人となったデヴィ・スカルノさんにも似ていますね。

b0170682_23573841.jpg


Andi、最初にお会いしたときには典型的なジャワ人顔だなぁ、なんて思ったのですが、
話を聞いたらスラウェシ島マカッサル市のご出身で、ご両親は共にブギス人だとのこと。
ブギス人は、造船技術・航海術に長けた民族として知られ、
東南アジア大陸部からオーストラリア北部まで、海洋交易を通じて広範な地域に足跡を残している民族です。
シンガポールにもブギスという地名として残っています。

エレガントな雰囲気に、私の心は釘付けでした。

b0170682_23583178.jpg

b0170682_23581242.jpg


K-5 & DA*60-250mmF4
[PR]
by asang | 2012-04-05 23:59 | Portrait | Comments(6)
色抽出 (#02)
昨日のエントリーで、K-5の色抽出機能を使った写真をアップしました。
この機能が想像していた以上に面白かったので、もう少し遊んでみました。

K-5の使用説明書を読むと、抽出できる色はレッド、マゼンタ、ブルー、シアン、グリーン、イエローの6色。
抽出する「感度レベル」は-2 ~ +2までの5段階だそうです。

この感度レベル、てっきり、適用後に表現される色の濃さレベルのことだと思っていたのですが、
そうではなくて抽出するしきい値のレベルでした。
レベルを低くすると色が薄くなるのだと誤解していましたが、色の濃さは一定で、
元写真から、どの範囲までを抽出するのかを決めるレベルということのようです。

なんだか説明が難しいですね。
下の写真の1枚目が、レッド抽出の「感度レベル-2」、
2枚目は「感度レベル+2」です。

b0170682_2130439.jpg

b0170682_2131282.jpg

レベル-2でも+2でも、服や靴の赤色の濃さは変わりませんね。
そのかわりレベル+2だと、人物の肌色を拾ってくれます。
1枚目の、レベル-2のほうが断然にイイ感じですね。


昨日アップしたこの写真で、レッドのレベル+2です。

b0170682_21314070.jpg


服と靴の色だけ残そうと思いレベル-2にしてみたものがコチラ。
水鏡に映る服の赤が一部消えてしまいました。

b0170682_21321028.jpg


それでは、と、1メモリ上げてレベル-1にしてみたところ、
今度は髪の毛や肌の一部に色が乗ってしまいました。

b0170682_21323518.jpg


う~ん、レベル設定が微妙に難しいですね。
1枚目の写真のように、抽出する色がハッキリしている被写体なら問題ないのですが。


K-5 & DA*60-250mmF4
[PR]
by asang | 2012-04-03 21:38 | Camera & accessories | Comments(6)
色抽出
年度末報告を終え、ようやく自由になれたので
土曜日は久しぶりにジャカルタまで撮影に出かけました。

写真仲間に誘われて赴いたのは、
中央ジャカルタのクニガン地区にあるショッピング・モール、Epicentrum Walk。
知らない間にこんな大きなモールが出来ていて驚きです。

b0170682_19214192.jpg



デジタルカメラの普及に伴ってか、インドネシアでも写真を趣味にする人が急増しています。
30人ぐらい集まった仲間の半分ぐらいは、これまで会ったことのない新しい仲間達でした。

新しい仲間の要望もあるのかもしれませんが、最近の傾向として、モデルさんの衣装がセクシーすぎる気がします ^^);
その場に顔を出していて言うのもなんですが、
セクシーな衣装を身につけたモデルさんに、街なかで大胆なポーズをとってもらうのは
公序良俗に反しているようで、個人的にはちょっと抵抗があったりします。
非オープンなスタジオとかでなら抵抗は感じないのですが...

ちょっと良心の呵責もあって、この日はあんまり写真を撮らなかったのですが、
撮った写真でカメラの機能を使って遊んでみました。
写真の中の任意の色だけを残して後はモノクロに変えてしまう色抽出という機能です。


青い衣装が目に眩しかったEza Indrani。
衣装の青と肌の赤だけ抽出してみました。

b0170682_19221248.jpg


Ezaとは対照的に、真っ赤な衣装のPrita Mayang。
こちらは赤色だけの抽出です。
モール入り口正面の人工池脇で、水面への写りこみを意識して撮ってみました。

b0170682_19223622.jpg


エレガントな感じのAndi Andriani。
肌の露出はコレぐらいが好きです。
こちらも赤色だけ抽出ですが、背後の植え込みにあるオレンジ色の花も色が残ってしまいました。

b0170682_1924239.jpg



色抽出機能、初めて使ってみましたが、
赤色を残すと、衣装の色だけでなく人肌の色も残ってくれるので意外と使える機能でした。
パソコンを使わずとも、カメラだけでココまで加工ができるというのは楽しみが増えますね。


1枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8
2~4枚目:K-5 & DA*60-250mmF4

[PR]
by asang | 2012-04-02 19:28 | Camera & accessories | Comments(8)
お昼の訪問者
昼食を取ろうと表に出たら、門扉の前で珍客と鉢合わせでした。
部屋に駆け戻り、望遠レンズのついたカメラを引っ提げて撮影です。

キノボリトカゲの仲間のGreen Crested Lizardです。
う~ん、凛々しい!

b0170682_2146940.jpg


体長の2/3ほどが尻尾です。なが~い!

b0170682_21464059.jpg



警戒心はそんなに強くないのか、近寄っても逃げません。
使用したレンズDA*60-250mmの最短撮影距離は1.1mですが、ギリギリまで近寄ってもジッとしていてくれました。

それにしても、アクロバティックでなんと美しい身のこなしなのでしょう!
前足と後ろ足がクロスするこのポーズに、ウットリしてしまいます。

b0170682_21473311.jpg




こちらはちょっとオーバーアクションでしょうか。
おっぴろげーなポーズに、カメラの露出もオーバー気味になってしまいました。

b0170682_2148137.jpg



嗚呼、このポーズ!
腰のしなりがイイッ!

b0170682_21483085.jpg

身体の重心を傾けて体重を右足で支えつつ、腰をグイッと捻りながら上げた左足に重心を移してよじ登る感じ。
かつてクライマーだった私も得意としていたムーブです。
私も同じくらい股関節が柔らかかったのですが、今では開脚屈伸すら難儀なカラダに成り果ててしまいました...(泣)



見返り美人風に。

b0170682_21492112.jpg



う~ん、イケメン君ですね。

b0170682_21495551.jpg



ちなみに、このGreen Crested Lizard、
Googleで検索したらBronchocela cristatellaBronchocela jubataという二つの学名がヒットします。どっちなんでしょう?
インドネシア語ではBunglonと呼ばれますが、非常に広いカテゴリーのようでカメレオンやイグアナもBunglonです。


爬虫類に特に思い入れがある訳ではないのですが、艶やかなポージングと美しい顔立ちに、ちょっと興奮しちゃった本日の昼休みでした。


K-5 & DA*60-250mmF4
[PR]
by asang | 2012-03-05 22:07 | Flora & Fauna | Comments(10)