カテゴリ:Daily life( 24 )
日曜のお出かけ (#03)
水掛け遊びをしていると、タイミング良くアイスクリームの行商が!
三人とも全身びしょ濡れのまま、アイスクリームにパクつきます。

b0170682_20521728.jpg


アイスを手に本当に嬉しそうなFerri。
その満面の笑みに私も噴き出してしまいました。
Ferriの笑顔、5連発でお楽しみください ^^)v

b0170682_20524623.jpg

b0170682_2053581.jpg

b0170682_20532652.jpg

b0170682_20534328.jpg

b0170682_205493.jpg


K-5 & DA*50-135mmF2.8
[PR]
by asang | 2012-02-28 20:56 | Daily life
日曜のお出かけ (#02)
ショッピング・モールにお出かけの後は、約束どおり玄関テラスのお掃除です。

b0170682_2046091.jpg


... が、予想どおりに水掛け遊びになってしまいました...

b0170682_2046246.jpg

b0170682_20465514.jpg

b0170682_20472362.jpg


お掃除は20分、水の掛け合いは1時間以上続きました(爆)。
まぁ、目的は達成され、テラスが綺麗になったから良いのですが...

b0170682_2047573.jpg

b0170682_20481693.jpg


K-5 & DA*50-135mmF2.8
[PR]
by asang | 2012-02-26 20:51 | Daily life
日曜のお出かけ
ボゴールに戻って最初の日曜日はDila達とお出かけでした。

本当はお出かけが目的ではなくて、汚れていた玄関テラスの掃除の手伝いを頼んだのですが、
交換条件としてショッピング・モールに連れて行くことになりました。
お出かけはDilaとPutri、そしてPutriの弟Ferriの3人。

お昼前の11時には玄関先から私を呼ぶDilaの声。
戸を開けて迎えると、3人ともよそ行きの服装で立っていました...
彼女達にとってはお出かけが第1目的になっているようです(笑)。
掃除を済ませてから出かける予定にしていたのですが、
掃除で服を汚してしまう前にお出かけと相成りました。

行き先はいつものショッピング・モールと異なり、ボゴールで一番大きなモール。
Dila達は気持ちが弾んでいるのか、私を置いてズンズンと道を進んでいきます。

b0170682_2141092.jpg



今回はミニバスに乗ってのお出かけ。
道端で目的地に向かう03番のミニバスが通りかかるのを待ちます。

b0170682_2141395.jpg



庶民の足として機能している公共交通、アンコットと呼ばれるミニバス。
ミニバンのシートを改造して12~3人程乗れるようになっているもので
市内のあちこちを、定められたルートに従って走っています。
目指すショッピングモールは、これに乗って10分ほどのところにあります。

b0170682_2142251.jpg

b0170682_21425392.jpg



途中でお客さんがみんな降りてしまったので、ミニバスは我々の独占状態。
Ferriは皆でのお出かけが楽しくて仕方ない様子。

b0170682_21433184.jpg

b0170682_2143528.jpg



市内で一番賑やかなショッピング・モール、ボタニー・スクエアに到着です!

b0170682_21442641.jpg



1枚目:K-5 & FA43mmF1.9 Limited
2~7枚目:K-5 & DA12-24mmF4

[PR]
by asang | 2012-02-23 21:47 | Daily life
一時帰国中
日本に帰ってきました。
といっても、もう2週間が経とうとしていますが...

今年の一時帰国は結構忙しくて、例年よりも打合せで新宿の事務所に通う回数が多く、
なかなかに落ち着けません。
先週末には甥と姪も実家に帰ってきて、ますます慌しくなっています。


甥のユウトと姪のユイナ。
1年会っていなかっただけですが、さすがに成長著しいです。

b0170682_14334565.jpg

この二人が騒ぎ出すと、なんとも賑やかですが、
録画してあるドラえもんやしまじろうを見ているときは真剣です。


口をぽか~んと開けて画面に見入るユウト。

b0170682_14335772.jpg


ユイナは先日転んでしまったそうで、あごに出来た擦り傷が痛々しいです。

b0170682_14341019.jpg


お出かけ前。ママに髪を結ってもらっている間も、テレビ画面から眼を離しません。

b0170682_14342752.jpg


二人が笑っている時の写真を撮りたいのですが、
ちょこまかと動き回る幼児達を撮るのは、ホント、難しいですね。


K-5 & Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II
[PR]
by asang | 2012-01-29 14:36 | Daily life
最近のマイブーム...
師走の業務で忙しく、なかなかブログの更新まで手が回りません。
農村でのスナップなど撮り溜めた写真は沢山あるのに、その整理が追いつかないです。

と、いうことで、手ごろな写真を。
最近のプチ・ブーム、Pizza Hutのクリームスープのパイ生地包み。

b0170682_21282454.jpg

b0170682_21283644.jpg

なんともチープなブームで生活の質が知れお恥ずかしい限りですが、これがなかなか美味いのです。
独りで食べに行くのも寂しいので、友達のRiniを誘います。
私はこのスープが食べたいばかりに何度も誘ってしまうのでRini曰く「もう飽きたわよ」とのことですが、
こうやってテーブルに出されると、しっかりと食べてます(笑)。

b0170682_2153991.jpg

b0170682_21533135.jpg


薄暗い店内ではISO値を上げてもノイズが目立たないカメラ、K-5に助けられています。

b0170682_21535751.jpg

b0170682_21541230.jpg

最後の写真で1/60秒、絞りF2.0、 ISO1600で撮っていますが、
以前使っていたK200Dでは撮れなかった写真です。
仕上がりの発色そのものは今でもK200Dの方が好きなのですが、
高感度に強いK-5を使い慣れると、どうしてもK200Dの出番が少なくなってしまいますね。

あっ、顔が青白く見えるのは覗いているBlack Berryの照り返しのせいで、
決して病弱な為ではアリマセン、念のため...


1・2・5・6枚目:K-5 & Voigtlander Nokton 58mm F1.4 SL
3・4枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8ED AL

[PR]
by asang | 2011-12-23 21:34 | Daily life
雨...雨...雨...
雨期も本格化してきて連日の雨です。
ボゴールは「雨の街(Kota Hujan)」の異名を持つほど、インドネシアでも飛びぬけて雨の多い地域で、連日の土砂降りに参っています。

b0170682_23302734.jpg



雨だけならまだしも、怖いのは雷。
私は以前に落雷でパソコンをダメにしてしまったことがありますが、
とにかくボゴールの強烈な落雷にはほとほと困っています。
先週も県内で落雷による2名の死者が出ています。

地元紙Radar Bogorの11月16日付の記事によると、
「気象・気候・地球物理庁ボゴール観測所での結果として、11月15日の11:00からの3時間の間に9,153回の雷鳴が観測された」とのことで
いやはやとんでもないところに住んでしまったものだ、と変に感心してしまいました。


さて、このボゴールの豪雨。
その様子を写真に残したいと思うのですが、どう表現したらいいのか、なかなかに難しいです。

b0170682_23304974.jpg


土砂降りの街中で道路も水に浸かるなか、車がしぶきを上げて通るシーンや、
歩行者の傘が弾く驟雨のシーンなどを撮りたいとは思うのですが、
いざ、土砂降りになると機材を持って外出することもためらわれ、実現していません。
いつかそんなシーンを撮れればいいのですが...


1枚目:K200D & FA50mmF1.4
2枚目:K200D & DA*50-135mmF2.8

[PR]
by asang | 2011-11-22 23:34 | Daily life
夜市に行こうよ! (#03)
Dila達と出かけた夜市でのアトラクション。
人力でグルグル回るオンバック・バニュなる乗り物に大興奮でした。
さんざんグルグル回った後のDilaの第一声は「あ~、気持ち悪い。目が回っちゃった。」
これで満足してくれたと思ったのですが...

b0170682_21304873.jpg

5分後には学校の友達とばったり会い、アレに乗ろうよ! と誘われて再び乗ってました(爆)。


今度は私も一緒に乗ろうかと思ったのですが、係員に「中で写真撮っていい?」と聞いたところ、
快諾いただいてしまったので、再び撮影係に徹することになりました。

これに乗るには係員が差し出す梯子を使わねばなりません。
このあたりもなんとも田舎くさいアトラクションです。

b0170682_21322496.jpg


お客さんで一杯になるまではゆっくりと回っています。
せっかくなので流し撮りなどしてみます。

b0170682_21333720.jpg

b0170682_2134204.jpg


さて、このオンバック・バニュ、一度に60人ぐらい乗れるそうです。
難点は、満席になるまで集客に結構な時間があること。
撮影に一生懸命でどのぐらいの時間がたっていたのかを感じていませんでしたが、
撮影情報から換算したら、Dila達が座ってから回り終えて降りるまで、
なんと、50分も掛かっていました! 付き合う私もアホですね...


30分ぐらい待つとそれなりにお客さんが増えてきます。

b0170682_21352388.jpg

でも、せっかくお金を払って乗ったのに、動き出すまでに時間が掛かり過ぎるので待ちきれずに帰ってしまう人もいます。
Dila達の右隣に座ったお姉ちゃん達は、10分ほど座っていましたが、
飽きてしまったのか、スマートフォンで写メだけ撮って帰ってしまいました...


それでも忍耐強く待つこと45分。ようやく満席になり、回し役のお兄ちゃんも揃って勢いよく回り始めます。
お客さん達からもキャーッという歓声が上がります。
スピードが乗ってくると、回し役のお兄ちゃん達も枠にぶら下がって宙に浮き始めます。

b0170682_21361654.jpg


なんだかんだできちんと楽しめるのは正味5分ほど。
回すのが人力なら、止めるのも人力です。足の裏で制動をかけて、ズッズッズ~ッとゆっくり止まりました。

b0170682_21374275.jpg

オンバック・バニュ、シンプルなアトラクションですが、
安全装置など何も無いのでかなり危険な乗り物だと思います。
よく事故が起きないものだ、と変なところに感心します。
もしかしたら私が知らないだけで、あちこちで事故が起きているのかも知れませんが...


K-5 & DA12-24mmF4ED AL
[PR]
by asang | 2011-06-16 21:45 | Daily life
夜市に行こうよ! (#02)
近所の小学生、DilaとPutriにせがまれて出かけた夜市。
彼女達の一番の目的はこの乗り物「Ombak Banyu(オンバック・バニュ)」でした。

b0170682_22561873.jpg

ombakはインドネシア語で「波」、banyuはジャワ語で「水」ですから、
「水の波」? なんだか、しっくり来ない名前ですが...

さて、どういう乗り物なのかですが、構造はいたってシンプル。
天幕が張られた十角形の外周に椅子が固定されており、この天幕が中央の柱で支えられています。
支点を軸にして、グルグル回るだけの単純な乗り物です。
こちらも一回の搭乗で3,000ルピア(約30円)。

b0170682_2258921.jpg


そして動力ですが... なんと人力です!
5人ほどの若いお兄ちゃんが力ずくで回します。

b0170682_2259187.jpg



スピードが乗ってくると予想外に動きが早いので写真はブレブレですが、
ただ横回転するだけでなく、上下にも変化をつけて回します。

b0170682_230751.jpg

b0170682_2305828.jpg



さらに勢いがついてくると、回しているお兄ちゃんも走るスピードが追いつかず、
支柱にぶら下がって一緒に回っています。

b0170682_2315040.jpg

写真右端のジーパンは宙に浮いている回し役のお兄ちゃんです。


b0170682_2324480.jpg

左上に写っているのは、フラッシュに反射するお兄ちゃんの足の裏です...


接触事故がないように、天幕の周りには柵が立てられており、私は柵の外から撮影してますが、
下から仰ぎ見るように広角レンズで撮ったら、結構な迫力でした。



7/13 追記
我が家の近所ではOmbak Banyuと呼ばれているこの乗り物、
友人達や職場のスタッフによると、ジャカルタではKomedi Putar(コメディ・プータル)と呼ばれるのが一般的だそうです。
プータルとは「回る」という意味ですが、
人力で回す時代錯誤な動力が、コメディのように面白がられていることからの命名のようです。


K-5 & DA12-24mmF4ED AL
[PR]
by asang | 2011-06-14 23:16 | Daily life
夜市に行こうよ!
日も暮れて、家の周りも人の往来がなくなりはじめた日曜の夜7時。
そろそろブログの更新でも、なんて思ってパソコンの電源を入れた矢先に
玄関先から「オンマ~サン(アサンおじさん)!」とDila達が私を呼ぶ声が。
こんな時間に何かと思ったら、夜市に連れて行ってくれ、とのおねだりでした。

と、いうことで、我が家の近所の運動場で年に数回開かれている夜市に行ってきました。
こんな感じで、テント張りの即席の店舗で服やサンダル、アクセサリーなどが売られています。

b0170682_2116733.jpg



さっそく綿菓子をねだられます。ひとつ4,000ルピア(約40円)なり。

b0170682_21165385.jpg



実はDila達の目的は、お菓子やおもちゃなどよりも、夜市のなかでも大きなスペースを占める、観覧車やメリーゴーランドなどの乗り物です。
まずはディーゼルエンジンで動く、小さな観覧車に乗ります。高さは8mぐらいでしょうか。

b0170682_21175018.jpg

b0170682_21183173.jpg

この観覧車、組み立て式の簡単な造りで、夜市が開かれる数日間だけ営業しています。
1回3,000ルピアで数分間の搭乗。Dila達を乗せ、私が写真を撮っている間に10回転ぐらいしていたでしょうか。

b0170682_21192697.jpg

お客さんが来るたびに機械を止めて、ゴンドラに乗せると再び動き出します。
安全対策などどうなっているのかわかりませんが、そんなことにはお構いなしに、多くの人が楽しんでいます。


さて、Dila達が大はしゃぎだったのがコレ。

b0170682_21201174.jpg

どんな乗り物なのかは、次回に。


1~3,6枚目:K-5 & DA12-24mmF4ED AL
4・5枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8ED AL

[PR]
by asang | 2011-06-13 21:30 | Daily life
ついに出た!
1時間ほど前のことですが、石が出ました!

昨年の8月ぐらいから尿管結石を患っていたのですが、
10ヶ月に渡って私を苦しめ続けた石が、ようやく排出されました。

b0170682_1275399.jpg


2月に日本に帰国したときが痛さのピークで、「もうホントになんでこんなに痛いの!」と泣き叫びたいほどの痛み。
とうぜん医者にも行きましたが、レントゲン撮影の結果を見ても
「石の影がはっきりわからないので、もうすこし様子を見ましょう」と言われていて、えらい苦しんだのでした。

毎日痛いわけではなくて、この石の動き方によって尿管を塞いでしまい
おしっこが詰まって尿道を圧迫すると腰のあたりがムチャクチャ痛くなるのです。


上の写真をトリミングしてみました。

b0170682_129091.jpg

まぁ、トゲトゲでクリスタルな感じですね。
石が移動する際に、このトゲトゲが尿管を削るので血尿になります。
で、このトゲが尿管に引っかかって尿道を塞いでしまうと、激痛が襲います。
汚い話で恐縮ですが、おなかがパンパンに張って、もう小便したくてたまらないのに、
便器の前に立ってもチョロチョロとしか出なくて、歯がゆいのなんの...

3日前にも強い痛みを感じ、痛み止めの座薬を使ったのですが、
どうにも痛くてうーうーとうなりつつ、脂汗をかきながら仕事していました。
昨日は赤ワインみたいな真っ赤な血尿で、あーガリガリやってんだろうなぁ、なんて思っていたのですが、
つい先ほど、小便の最中に一瞬放水が止まったかと思うと、勢いよく石が飛び出してくれたのでした。

せっかくなので記念にいろんな角度から撮ってみます。

b0170682_1301311.jpg

b0170682_13114.jpg



私は2003年にもこの病気を患っているのですが、
前回は痛みを感じてから2週間ほど入院し、その2週間後には石が出てくれたので、たいした病気と思っていなかったのです。
でも、今回は10ヶ月間の苦しみでした。

昨年の8月にジャカルタで診てもらった日本人医師からは、
「長引くと腎臓が機能を停止してしまうから衝撃波で破砕したほうが良いのだけれど、
石が小さいのでレントゲン結果をみても大体の位置しか判らないんだよねぇ」と言われていたのでした。
先ほど出た石は、2003年のものよりもふた回りぐらい大きく、ごはんつぶよりちょっと大きいかな、という感じです。

前回出た石は病院のラボで粉砕して、成分を調べてもらっています。
人によって成分は異なるらしいのですが、私の場合はシュウ酸カルシウムとのことで、ホウレンソウや空芯菜がよろしくない、ということでした。
罹患経験者の5割は再発する、と言うことらしいので、ホウレンソウや空芯菜は食べないようにしていたのですが...

いま、すごく爽快な気分。今夜は快適に眠れそうです。


K-5 & Makro-Planar T* 2/100
[PR]
by asang | 2011-06-10 01:39 | Daily life