カテゴリ:Camera & accessories( 15 )
ROGUE Flash Bender
こんなモノを購入しました。
ROGUE Flash Bender

b0170682_033788.jpg

b0170682_04338.jpg


前回のエントリーでアップしたマクロ写真でもコレを使っています。

S・M・Lと3サイズあって、私が買ったのはLサイズ。
日本だと実売価格で7000円台前半のようですが、
ジャカルタのカメラ屋では約半額で販売していたので、
お得感もあって即購入となりました。

取り付けは簡単で、外付けのストロボにベルクロ・テープを巻きつけるだけ。
Lサイズのものは3本の背骨が付いていて、骨をぐいっと曲げると形が変わります。
白い反射面でストロボの光を受けて、照らしたい方向に光の向きを変えてくれます。

b0170682_052067.jpg

b0170682_06818.jpg

マクロ撮影時にぐっと手前に倒せば、レンズ前の被写体を照らすことができます。

b0170682_064041.jpg



農村の暗い作業小屋での撮影時に、おじさん達の手元を照らすのにちょうど良いかな、
と思って購入したのですが、マクロ撮影で重宝しています。
ファインダーを覗いたままで、光の向きを簡単に変えられるので便利です。
カメラを縦に構えようが横に構えようが、反射板の向きを変えることで光の方向を同じに出来ます。
難点は機材が重くなって、しばらく使っていると手がぶるぶると震えてしまうことかな。

半分に折り畳めば、カメラバッグの隅にスポッとはまってくれるので持ち運びも楽です。
まだ試してはいないのですが、逆光時の人物撮影では相手の顔を照らすのにも使えそうですね。

b0170682_012184.jpg


K200D & DA*16-50mmF2.8
[PR]
by asang | 2012-07-01 00:15 | Camera & accessories
色抽出 (#02)
昨日のエントリーで、K-5の色抽出機能を使った写真をアップしました。
この機能が想像していた以上に面白かったので、もう少し遊んでみました。

K-5の使用説明書を読むと、抽出できる色はレッド、マゼンタ、ブルー、シアン、グリーン、イエローの6色。
抽出する「感度レベル」は-2 ~ +2までの5段階だそうです。

この感度レベル、てっきり、適用後に表現される色の濃さレベルのことだと思っていたのですが、
そうではなくて抽出するしきい値のレベルでした。
レベルを低くすると色が薄くなるのだと誤解していましたが、色の濃さは一定で、
元写真から、どの範囲までを抽出するのかを決めるレベルということのようです。

なんだか説明が難しいですね。
下の写真の1枚目が、レッド抽出の「感度レベル-2」、
2枚目は「感度レベル+2」です。

b0170682_2130439.jpg

b0170682_2131282.jpg

レベル-2でも+2でも、服や靴の赤色の濃さは変わりませんね。
そのかわりレベル+2だと、人物の肌色を拾ってくれます。
1枚目の、レベル-2のほうが断然にイイ感じですね。


昨日アップしたこの写真で、レッドのレベル+2です。

b0170682_21314070.jpg


服と靴の色だけ残そうと思いレベル-2にしてみたものがコチラ。
水鏡に映る服の赤が一部消えてしまいました。

b0170682_21321028.jpg


それでは、と、1メモリ上げてレベル-1にしてみたところ、
今度は髪の毛や肌の一部に色が乗ってしまいました。

b0170682_21323518.jpg


う~ん、レベル設定が微妙に難しいですね。
1枚目の写真のように、抽出する色がハッキリしている被写体なら問題ないのですが。


K-5 & DA*60-250mmF4
[PR]
by asang | 2012-04-03 21:38 | Camera & accessories
色抽出
年度末報告を終え、ようやく自由になれたので
土曜日は久しぶりにジャカルタまで撮影に出かけました。

写真仲間に誘われて赴いたのは、
中央ジャカルタのクニガン地区にあるショッピング・モール、Epicentrum Walk。
知らない間にこんな大きなモールが出来ていて驚きです。

b0170682_19214192.jpg



デジタルカメラの普及に伴ってか、インドネシアでも写真を趣味にする人が急増しています。
30人ぐらい集まった仲間の半分ぐらいは、これまで会ったことのない新しい仲間達でした。

新しい仲間の要望もあるのかもしれませんが、最近の傾向として、モデルさんの衣装がセクシーすぎる気がします ^^);
その場に顔を出していて言うのもなんですが、
セクシーな衣装を身につけたモデルさんに、街なかで大胆なポーズをとってもらうのは
公序良俗に反しているようで、個人的にはちょっと抵抗があったりします。
非オープンなスタジオとかでなら抵抗は感じないのですが...

ちょっと良心の呵責もあって、この日はあんまり写真を撮らなかったのですが、
撮った写真でカメラの機能を使って遊んでみました。
写真の中の任意の色だけを残して後はモノクロに変えてしまう色抽出という機能です。


青い衣装が目に眩しかったEza Indrani。
衣装の青と肌の赤だけ抽出してみました。

b0170682_19221248.jpg


Ezaとは対照的に、真っ赤な衣装のPrita Mayang。
こちらは赤色だけの抽出です。
モール入り口正面の人工池脇で、水面への写りこみを意識して撮ってみました。

b0170682_19223622.jpg


エレガントな感じのAndi Andriani。
肌の露出はコレぐらいが好きです。
こちらも赤色だけ抽出ですが、背後の植え込みにあるオレンジ色の花も色が残ってしまいました。

b0170682_1924239.jpg



色抽出機能、初めて使ってみましたが、
赤色を残すと、衣装の色だけでなく人肌の色も残ってくれるので意外と使える機能でした。
パソコンを使わずとも、カメラだけでココまで加工ができるというのは楽しみが増えますね。


1枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8
2~4枚目:K-5 & DA*60-250mmF4

[PR]
by asang | 2012-04-02 19:28 | Camera & accessories
リバースアダプター
3月も今日で終わりですね。この1週間は年度末の業務報告作成でテンテコ舞いでした。
報告を終えた充実感と仕事が手を離れた開放感が交じり合った不思議な気分で今朝を迎えました。

仕事がテンパッてくると息抜きに庭に出るのですが、逃避行動なのか、普段やらないことを試したくなります。
一昨日はなぜかマクロ撮影に手を出してしまいました。

以前、友人達からレンズを逆付けしてのマクロ撮影を習ったことがありましたが、
急にそれを実践したくなってしまったのでした。

庭の植え込みに屈みこんで、小さな花を撮って見ます。

b0170682_9211090.jpg

b0170682_9205258.jpg

実物は5mmにも満たない小さな花なのですが、等倍を超えて画面いっぱいに映し出される花に驚きます。
小さすぎて肉眼では細部まで確認できない花ですが、こうして写真に撮るとしべまできちんと写っています。


こちらはアスパラガスの花
こちらもごくごく小さな花ですが、一輪挿しのユリを撮るように大きく写せました。

b0170682_9212723.jpg



ほかに何か被写体はないかと探していると、おあつらえ向きにバッタ君が!
はやる気持ちを抑えて、ゆっくり近づいて接写です。

b0170682_9214544.jpg

レンズ先端からバッタまでの距離は2cmぐらいしか離れていませんが、
じっとしていてくれて助かりました。

b0170682_922574.jpg

写真はトリミングしていませんが、ここまで大きく写ることに大興奮です。


今回使ったレンズはFA28-80mm。
2000年に購入したMZ-7のキットレンズですが、保管が悪くてカビを発生させてしまったレンズです。
レンズを覗いても肉眼ではっきりわかるほど蜘蛛の巣状にカビが拡がっていて、
普段撮りには使えないので、逆付けマクロ専用レンズにしてみようと思っていたものでした。
リバースアダプターを噛ませてK-5に装着した姿はこんな感じ。

b0170682_9224223.jpg


通常の使い方とは逆の向きで装着するので、こんな風にマウント面がむき出しです。
画角の計算も逆になり、28mmのワイド端が望遠になり、80mmのテレ端が広角に写ります。

b0170682_923974.jpg

リバースアダプター、ずいぶんと遊べる楽しいオモチャです。


1~5枚目:K-5 & Reverse adapter K + FA28-80mmF3.5-5.6
6・7枚目:K200D & FA43mmF1.9 Limited

[PR]
by asang | 2012-03-31 09:34 | Camera & accessories
カメラ雑誌
こちらインドネシアでもデジタル一眼レフの需要は年々高まっているようです。
街なかでファインダーを覗いている人を見る機会も、以前に比べて増えています。
ペンタックスはマイナー・ブランドでキヤノンとニコンが2大勢力であるのはこちらも変わらずですが...


書店でもカメラの教則本などが増えていて、大きな書店だとカメラ関連の書棚ができたりしています。
インドネシアではカメラ関連の月刊誌は2誌。
もっともメジャーなのは『FOTO VIDEO』。2月号の特集は「クリエイティブなポートレート」でした。

b0170682_22583936.jpg


表紙を飾っていたのはKennova Prawesti。
八代亜紀さんに似たモデルさんで、私も撮らせて貰ったことがあったりします...

b0170682_22591614.jpg


特集の内容は構図の取り方の説明からスタジオでのライティングまで幅が広く、
いったいどんな層をターゲットにしているのかと疑問に思わなくも無いのですが、
パラパラと捲って記事を拾い読みする程度ながら、そこそこ楽しめました。

インドネシアで発行されているカメラ関連の書籍、ライティング関連のものはそれなりに数が出ています。
作例が豊富なのでページを捲っているだけでも楽しく、こんな写真を撮ってみたいなぁ、なんて夢が膨らみます。

b0170682_22594999.jpg

右端はインドネシアで最も著名な人物写真家のひとり、Darwis Triadi氏の作品集。
これまで目にした事のある広告写真や、我が家にある女性ボーカリストのCDジャケットなどが収録されていて、
これら写真がDarwis氏の手によるものだったことを知ったのも発見でした。
写真1枚ごとにライティングの解説がついていて、光の当て方の勉強になります。

こういう作品集を見ていると、今すぐにも写真を撮りに出かけてしまいたくなるから困ってしまいます。
年度末の決算報告作成で忙しく、撮影に出掛けられないのが残念です。


K-5 & Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II
[PR]
by asang | 2012-03-03 23:06 | Camera & accessories
マクロを教わる
ジャカルタのPENTAX仲間に誘われて、マクロ撮影を経験させてもらいました。

b0170682_23222179.jpg

b0170682_23223515.jpg



待ち合わせ場所の中央ジャカルタ、Tebet地区の公園に行ってみると、
友人達10人ぐらいが集まって既に撮影が始まっていました。

今回初めて挑戦したのが、レンズを逆向けに装着するリバースアダプターを使った接写。
撮影方法は知っていたものの、実際に経験するのは初めてです。
マクロ撮影の世界、本格的に楽しまれている方はレンズから照明までしっかりした機材を使うのでしょうが、
さすがはインドネシア、お金を掛けずに創意工夫で対応です。


b0170682_2323115.jpg

レンズの先端に付いているのは、スーパーマーケットで売っている肉や魚を包む発泡スチロールのパックです。
このスチロール・パック、なんとカメラの内蔵フラッシュの光を和らげるためのディフューザーです。
このパックの中央やや下にレンズの大きさの穴を開け、逆向けに装着したレンズの先端に被せます。

b0170682_23232447.jpg

付いているレンズもDA18-55mm。ペンタックス製デジタル一眼レフの初代キットレンズですね。
リバースアダプターを介して、このレンズを逆向けに装着するのですが、
デジタル専用のこのレンズには絞りリングがありません。
そこで左手でスチロール・パックを抑えつつ、指を使って絞り連動レバーを開けたり閉めたりしながら絞りを調節します。
ピント調節は構えたカメラごと体を前後させて行います。

古いレンズなら絞りリングを使ってF値を固定できるので、左手も自由になりますね。

b0170682_23235389.jpg



さっそくリバースアダプターと即席ディフューザーを借りて、私もマクロに挑戦です。
残念ながらこのときは撮影場所が悪く、被写体がアリぐらいしか見つからなかったのですが、
リバースアダプターとレンズキットさえあれば、簡単に等倍以上のマクロ撮影ができることを学べたことは大きな収穫でした。

b0170682_23241162.jpg


純正品のリバースアダプターK、かつては定価1,000円だったのですが、
2007年に値上げしてしまい、今の定価は7,000円...
値上げ前に買っておけば良かったなぁ。
ジャカルタでは入手困難なので、来年帰国時の購入機材リストに加えておかなくちゃ。


1・2・6枚目:K-5 & DA18-55mmF3.5-5.6AL + リバースアダプターK
3~5枚目:K-5 & FA43mmF1.9 Limited

[PR]
by asang | 2011-11-24 23:29 | Camera & accessories
K-5で連写
前回のエントリーでアップしたプールでの撮影、カメラの連続撮影機能を使ってみました。

考えてみると今年2月のK-5購入以来、試し撮りを別にすれば、実際に連続撮影機能を使って撮影したことってなかったんですよね。
連写、これまで特に必要に迫られたことがありませんでした。
前回、同様のシーンを撮ったときも、「連写の必要性を特に感じていない」なんて記していますね。

以前に使用していたカメラ、K200Dはエントリー機のためか、2.8コマ/秒の連続撮影しか出来ませんでした。
なので、連写とはいえ、メモリーカードへの記録作業の為にカメラが一時停止してしまって、
逆に撮りたいシーンでカメラが動かない、というデメリットがありました。

ところが上位機種のK-5は7コマ/秒の連続撮影が出来るということで、随分軽快に撮影ができました。
な~んだ、とっても使える機能じゃないですか!


ということで積極的に連写してみます。
プールでスタンバイしているRiniに「イチ、ニ、サン」の掛け声と共に頭を勢い良く振り上げて貰います。

b0170682_23105278.jpg

b0170682_23111290.jpg

b0170682_23112734.jpg

b0170682_23114792.jpg

b0170682_2312450.jpg


上の一連のシーン、5コマの連写ですが、EXIF情報を見るとすべて1秒以内に収まっています。
ちなみにシャッタースピードは1/500秒、絞りはF5.0。
背面液晶でチェックする画像がパラパラマンガのようで面白かったです。

連続撮影機能、私の使用範囲ではあまり活躍することもないかもしれませんが、
ここぞと言うときに使える頼もしい機能でした。


K-5 & DA*60-250mmF4ED
[PR]
by asang | 2011-11-08 23:16 | Camera & accessories
出張のお供にK-5
使い始めて半年になるカメラK-5、先週の出張でも大活躍してくれました。

道中、車が揺れて搭乗者が飛び跳ねてしまうような3時間の悪路、
さらに漁船に揺られて3時間の行程を経てたどり着いたジャワ島の最西端。

海の上での撮影はもちろん、人の手のほとんど入っていない密林の中でも
K-5は十分に期待に答えてくれました。


触手を伸ばすように複雑に入り組んだ絞め殺しイチジクに抱かれて。

b0170682_1949118.jpg


密林の中をカヌーに乗って川を遡上します。
って、いったいどんな出張なんだ!?

b0170682_19494525.jpg

b0170682_19502938.jpg

防塵防滴のスターレンズとの組み合わせなら、多少の無茶を気にすることなく、
首から提げたまま移動して、好きなときにシャッターを切ることができました。

なかでも高感度に強いのは大助かりでした。
これまで使っていたK200Dでは、ISO800が使用に耐える上限でしたが、
K-5ならISOを2000まで上げてもノイズが気になりません。
荷物を減らしたかったので、三脚は熟慮の末に家に置いて来たのですが、
インド洋に沈む夕日を眺めながら、手持ちでも撮影できたのは幸いでした。

b0170682_1951157.jpg



唯一オチがついてしまったのがセンサーのゴミ。
私は普段から場所を選ばずにレンズ交換する方なのですが、
ジャングルの中で何度もレンズ交換するうちに、センサーにゴミが張り付いてしまいました。
帰りの車に乗るまで気がつかなかったのですが、かなり大きなゴミが写り込んでいてショック。

K100Ds、K200Dと4年近くPENTAXのデジタルカメラを使ってきて、
これまでにゴミに悩まされたことがなかっただけに盲点でした。

購入はしていたものの使ったことのなかったメーカー純正のクリーニング・キットを初めて使用することになりました。
巷ではペッタン棒とかタタミィ・スティックとか呼ばれているクリーニング・キット、
他社カメラのユーザーの方でも愛用者がいるほど便利らしいコイツに、大変お世話になりました。

なるほど大方のゴミはペッタン棒で取ることが出来ましたが、
ひとつだけかなり粘着性の高い大きなゴミが張り付いていて、ペッタン棒でもお手上げ。
しかたなく1パック35円のジョンソンの綿棒でセンサーをゴシゴシして、
ようやく綺麗なセンサーが戻ってきました(ホントはやってはイケナイのでしょうが...)。


実は私のK-5は電源周りに大きな問題を抱えているのですが、
それでも過酷な使用状況に耐えてくれるカメラに、頼もしさを感じた出張でした。

さて、5日間で800枚ほど撮った写真、いつ整理できるやら...


K-5 & DA*16-50mmF2.8ED AL
[PR]
by asang | 2011-08-16 19:59 | Camera & accessories
マクロレンズ
新しいカメラとレンズが楽しくていろいろと撮影してみたいのですが、
なかなか時間が取れません。

私の職場は新宿にあるため、箱根山の麓にある実家からだと片道3時間通勤!
帰宅は夜遅くになってしまい、撮影どころかカメラを弄る時間もごくわずかとなってしまいます。

毎日通勤するわけではなくて、会議が入っている日だけの出社であとは在宅勤務なのですが、
昨日はようやく時間が取れそうだと喜んだ矢先に、
なんと尿管結石の持病がぶり返してしまい、一日中、痛さにもんどりうっておりました(泣)。
病院に行き、鎮痛剤も貰ってきたのですが、ぜんぜん利かない...
ホント、地獄の痛みに七転八倒の一日を過ごしました。

一夜明けてようやく痛みもなくなったので、庭に出て撮影。
これまで使っていたK200Dもとても撮影が楽しいカメラでしたが、
K-5は撮影者による変更可能な設定が豊富で、カメラを弄っている間にあっという間に時間が過ぎてしまいます。

とりあえず目に付いたノースポールを。

b0170682_1943370.jpg

b0170682_1944128.jpg

b0170682_1944979.jpg

初めて手にするマクロレンズにてこずります…


K200Dには無かったカスタムイメージの「ほのか」と「銀残し」。

b0170682_195746.jpg

b0170682_1951541.jpg

同じ写真をカメラ内現像していますが、ずいぶんと雰囲気が変わるものですね。


玄関先で見つけた夏の名残りを銀残しで。

b0170682_1953354.jpg


まだまだ腕が追いつかないのですが、初体験のマクロ撮影が楽しくてMakro-Planarをつけっぱなしです。
85mmも購入しているのに、こちらは出番なし...
明日には甥と姪が実家にやってくるので、ようやく85mmの出番となるでしょうか。

K-5 & Makro-Planar T* 2/100
[PR]
by asang | 2011-02-05 19:11 | Camera & accessories
一時帰国となりました
またまたブログの更新が滞ってしまいました。
このかん拙ブログをご訪問いただいた皆さま、スミマセンでした。

一時帰国に備えて、帰国前に調整しておかねばならない事案が多々あり、
怒涛のような日々を過ごして、慌てて帰国することになってしまいました。
帰国前にポートレートのシリーズをアップしようかなどと考えていましたが、とてもそんな余裕は持てませんでした(泣)。


さて、予定通り28日に帰国しました。
今回の帰国で例年以上に楽しみにしていたのは、事前にネット注文していた機材。
10月、11月と立て続けにレンズを買い、さらに帰国直前にはカメラもポチッとしてしまいました ^^);

b0170682_18272692.jpg



さっそく新しいカメラに新しいレンズを付けてみます…
ファインダーから覗く画面のあまりのクリアーさに鼻血が出そうでした!
興奮が冷めてから支払い明細に目を通したときにも鼻血が出そうでしたが...


明けて29日の土曜日には、インドネシアから持ち帰った不具合レンズを抱えて新宿のペンタックス・フォーラムへ。
16-50mm、50-135mm、60-250mmの3本の★レンズとK200D、さらには使い込みすぎて接点不良となっていたストロボも入院となりました。
修理代金の見積もりは41,000円! ふたたび鼻血が出そうでした...


K200Dに慣れてしまった私の手には、K-5はまだまだ使いづらいのですが、とにかくファインダーが見やすくて楽しいです。
(あっ、でも、ファインダーの見やすさは2本の単焦点レンズの恩恵のほうが大きいかも!?)

今朝はようやく自由になる時間ができたので、裏の畑で早速の試写。
霜を被ったホウレン草も寒そうにしていましたが、
熱帯帰りの私の体も寒さで震えてピントがなかなか合いません...

b0170682_1829187.jpg

b0170682_18292925.jpg

b0170682_1829392.jpg

b0170682_18295713.jpg


カメラの設定の自由度はK200から大きく進化していて、覚えるまでに時間がかかりそうです。
今朝撮った写真は、設定を間違って全部ISO-500になってました(泣)。


2階の窓から富士山。
等倍画像で確認してみると、つづら折りになった登山道までバッチリ写っています。
Makro-Planar 100mmとK-5とのセットにはとても満足できそうです。

b0170682_18301382.jpg



1枚目:K200D & FA35mmF2AL
2-6枚目:K-5 & Makro-Planar T* 2/100

[PR]
by asang | 2011-02-01 18:36 | Camera & accessories