カテゴリ:Event( 38 )
日曜の森で (#03)
先週の日曜のイベントで撮影させて貰ったNia。

b0170682_23211922.jpg

この日は新レンズを使ってみました。
1ヶ月ほど前に購入したSigma APO 70-300mm F4-5.6 DG MACROです。

望遠レンズは既にDA*60-250mmを持っているのですが、
いかんせん大きく重いレンズで、取り扱いに難儀していました。
特に仕事で出張の際には、使うかどうかも判らない大きなレンズを携行するのが億劫で、
もう少し小さくて軽い望遠レンズがあればなぁ、と思っていたのでした。

重さと大きさの点ではDA50-200mmとどちらが良いか悩んだのですが、写りの評判の良いSigmaのレンズを選択。
大きさは60-250mmと比べてもあまり小さくはならなかったのですが、2万円を切るお値段というコストパフォーマンスと、
何よりも200mmから300mm域では1/2マクロとしても使える利便性を優先することにしました。

b0170682_2322764.jpg

さすがに200mmを超える望遠域でシャープに切り取るのは難しいですが、
150mmぐらいまではキリッとした写りをするし、マクロ撮影もできることを考えると
このお値段なら満足できるレンズだな、という印象を持ちました。

DA*60-250mmの約半分の重量で、かつ、ハーフマクロではありますが、近接撮影もできるということで、
2つのレンズの使い分けも出来そうです。

b0170682_23225327.jpg

望遠端ではF5.6ですが、描写は甘めなのでF8.0ぐらいまで絞って使うほうが良いようです。
シャッタースピードが稼げないので、薄暗い状況では手ブレとの闘いですね。

b0170682_2323368.jpg

b0170682_23234053.jpg



今回モデルさんを務めてくれたNia、普段からモデルさんをしているわけではないので、あまり撮られ慣れていないようです。
皆が撮った写真を見せて貰って、自分がどんな風に写っているのかを熱心に確認していました。

b0170682_23242884.jpg

後日、撮れた写真を送ってあげたら、ずいぶんと喜んでくれて、
Facebook経由でたくさんのコメントを貰い、こちらまで嬉しくなってしまいました ^^)v


こちらも1/2マクロのMakro-Planar 100mmで。

b0170682_23245322.jpg

Sigmaの70-300mmを使ってから、Makro-Planarに付け替えると、
F2.0の開放F値が如何に使いやすいかを実感できますね。


1~5枚目:K-5 & Sigma APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO
6・7枚目:K-5 & Makro-Planar T* 2/100

[PR]
by asang | 2012-11-18 23:33 | Event
日曜の森で (#02)
日曜日に参加したマクロ撮影イベント、
もともとはペンタックス・ユーザー同士が誘い合って実現したのですが、
それぞれが親しい写真仲間を誘ったりしたので、規模が大きくなり、
ペンタユーザー以外の撮影仲間も参加することになりました。

特に、最近カメラを始めたばかりの仲間が多く参加ということで、
午後はビギナーのための人物撮影講習会となりました。

b0170682_2162647.jpg


モデルを務めてくれたのは、参加者Hさんのお連れ合いのNia Herlinawaty。
イスラム系の大学に通う学生さんです。

b0170682_216591.jpg



講習会では30~40代の女性参加者が熱心でした。

b0170682_2172422.jpg

家族や友達と過ごす時間を綺麗に撮れるようになりたい、と、写真の基礎から学んでいました。
講習会ではありますが、有志の集まりですので参加費はもちろんタダ。
モデルさんのNiaもボランティアの参加で、報酬は皆さんの撮った写真です。


ビギナーには、経験豊かな仲間達が魅力的な写真の撮り方をレクチャーしてくれます。
とても和やかな雰囲気で、私自身はそんな皆さんの情景を撮影する役に回ります。

b0170682_2184833.jpg

b0170682_2192060.jpg



思い起こせば、私自身もこうやってインドネシアの撮影仲間に様々なテクニックを教えて貰ってきたのでした。
いや、過去形のように記してはいけませんね。今でもいろいろと教えて貰うことが多いです。


モデルさんの後ろと斜め前に外付けフラッシュを設置。カメラにトランスミッターを付けて、ワイヤレスのライティングを学びます。
カメラに内臓のフラッシュを使った正面からの直焚きと、サイドや後ろからの多灯ライティングとの、光の当たり方の差を学ぶ参加者。

b0170682_21101549.jpg



こんな素晴らしい場所で、撮影の勉強をできるのもまたとない機会です。

b0170682_2111622.jpg


1枚目:K200D & Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II
2枚目:K-5 & Makro-Planar T* 2/100
3~6枚目:K200D & Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II
7枚目:K-5 & Sigma APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

[PR]
by asang | 2012-11-16 21:21 | Event
日曜の森で
先日の日曜はペンタックス・ユーザー達の集まりに顔を出してきました。
数日前からメーリング・リストやFacebookを通してのお誘いがあり、
親しい仲間との再会も楽しみなイベントでした。

マクロ撮影の勉強会ということで、ボゴール市街にある森に集合。
参加者の大半はジャカルタからやってきます。
本ブログでは既にお馴染みの、レンズ逆付け+発泡スチロール・トレイのディフューザー撮影です。


K-5 Limited Silverに、Hoka Hoka Bentoのランチパックの蓋で獲物を狙うHeruさん。

b0170682_0134859.jpg

b0170682_0143816.jpg


こんな自作のディフューザーを持参の参加者もいました。
カップ麺の空き容器に、トレーシング・ペーパーが貼り付けてあります。

b0170682_0151285.jpg


本格的なツイン・ライトで臨むAsepさん。

b0170682_015314.jpg


こちらはTamronの70-200mmにエクステンション・チューブが噛ませてあります。

b0170682_0162378.jpg

こういう機材なら、被写体から距離があってもマクロで撮れるんですね!
付いているアングル・ファインダーと共に、物欲に駆り立てられます...^^);


私自身は朝寝坊ゆえの遅刻もあり、また、他の参加者とのおしゃべりに熱心だったこともあり、
ほとんどマクロ撮影をしないで過ごしてしまいました。

唯一マトモに撮れた写真がコレ...

b0170682_017396.jpg

私のK-5は内臓フラッシュが故障中のため、
K200Dにレンズ逆付けで撮っています。


Location @ Situ Gunung, Bogor
1~5枚目:K-5 & Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II
6枚目:K200D & FA28-80mmF3.5-5.6 + リバースアダプターK

[PR]
by asang | 2012-11-15 00:22 | Event
出張中でゴザイマス (#05)
日本からいらしたお客さんが今朝の便を最後に全員お帰りになり、2週間の出張が終了しました。
長いようでいて、あっと言う間の2週間でした。

ジャワ島の西の果てにて、スンダ海峡に沈む夕日を眺めながら。

b0170682_23582712.jpg

b0170682_2359528.jpg

b0170682_23592989.jpg

b0170682_024772.jpg



3泊したゲストハウスの目の前が海でした。
青い空を背景に昼間のヤシの木も良いですが、
夕暮れのヤシのシルエットもまた絵になります。

b0170682_013836.jpg

b0170682_02562.jpg

b0170682_03985.jpg


K-5 & DA*16-50mmF2.8
[PR]
by asang | 2012-09-18 23:54 | Event
出張中でゴザイマス (#04)
日本から3名の女性を迎えての2週間の出張。
後半はジャワ島最西端の村に向かいました。

集落ではハニーハンターのおじさん達のハチミツ採集活動に同行します。
焼畑跡地の二次林の中を歩くこと30分。

b0170682_2193367.jpg


ミツバチが巣を掛けている木に到着すると、煙を焚いてミツバチを追い払うための松明づくりが始まります。

b0170682_2203452.jpg


この日に採集をしたハチの巣は、高さ8mぐらいの木の幹にありました。
今回の訪問に当たり、1ヶ月ほど前からお願いして、
集落の最寄りのハチの巣を、この日のために採らずに残して貰っていたのでした。

腰から松明をぶら下げた青年が木に登って、ハチミツの詰まった巣を採集します。
松明の煙に燻されて、パニックになったミツバチが辺りを飛び回ります。
採集活動のあいだ、3人の日本人は飛んでくるハチに刺されないよう、森の中に吊るした蚊帳に入ってもらいます。

b0170682_2212149.jpg


長さ1mぐらいの小ぶりのハチの巣でした。
蜜の詰まっている先端の部分だけ頂き、幼虫がいる部分は採らずに残しておきます。

b0170682_2224036.jpg


採集を終えた後は、火事にならないように松明の火をしっかりと消します。

b0170682_2231931.jpg



この日採集したハチの巣。蜜が詰まっているのが見えるでしょうか?

b0170682_224257.jpg

本当は森のもっと奥深くまで出向いて、大きな巣の採集を見せたかったのですが、
ジャングル歩きの経験のない日本人女性を連れて遠出するのは無理があるので、
小さい蜂の巣ながら、集落の近場でデモンストレーションを見学いただきました。

集落に戻って採れたてのハチミツを頂きます。

b0170682_2243822.jpg


甘くて美味しかったです。
クマのプーさんは、こんな美味しいものを頂いているんですね(笑)。

ハチミツを頂いた後は、ハニーハンターのおじさん達と一緒に昼食です。

b0170682_2252659.jpg


ジャワ島の最西端まで出かけるということで、お三方には長距離移動を強いることになってしまいましたが、
普通の観光ツアーでは経験できない体験に、喜びを感じてくれていると良いのですが...

天然ハチミツの採集については、いずれ稿をあらためて詳しくご紹介したいと思っています。


1・2・6・7・8枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8
3~5枚目:K-5 & DA*60-250mmF4

[PR]
by asang | 2012-09-17 02:34 | Event
出張中でゴザイマス (#03)
日の出の数分間だけ茜色に染まっていた森も、太陽が昇ると共に色合いを変えていきます。

b0170682_14534489.jpg


後ろを振り返ると、緑濃い雲霧林と宿泊させて頂いた民家が目に入ります。

b0170682_14544568.jpg


この国立公園には、ジャワ島に残された熱帯林のなかでも最も広い森が保全されています。
位置としては、以前に紹介したこの森から、茶農園を挟んで南に2Kmほどの距離にある森です。
ジャカルタから南に100kmほどの距離に、これだけ見事な山地雲霧林が拡がっていることを知らない国民も多いことがモッタイナイですね。


日の出前には絶滅危惧種のワウワウテナガザル(Hylobates moloch)の泣き声を聞くことができました。
私自身はこれまでに何度かテナガザルと対面しているのですが、
残念ながら今回の行程ではテナガザルを目にすることはできませんでした。
代わりにこちらの映像をお借りすることにします。
ビデオの後半に素敵な泣き声を聞くことができますよ。


さて、朝食を済ませて、この森の中に分け入ります。

b0170682_1455465.jpg


森を案内してくれたのは、宿を提供してくださったAdeさん。
この森についての深い知識をお持ちですが、過剰な説明は敢えてせず、
散策者の反応を見ながら必要なときに解説を加えてくれる紳士的な姿勢が好印象です。

b0170682_14564744.jpg

b0170682_14574296.jpg


Adeさんが森のあちこちに自生しているラタン(籐:トウ)の説明をしてくれます。
今の若い人達は、籐椅子とか籐籠、籐の枕などのラタン製品を知らない方も多く、
私が日本語で説明を追加しても、理解いただくことが難しいです。
ラタン、竹と並んでヤシ科の植物は人の生活のあちこちで利用されているのですが、
その世界の楽しさを十分にお伝えすることができません。
今後の私の課題です。
お越しのお三方も、これを期に森の恵みを持続的に利用した、非木材林産物に興味を持ってくれると良いのですが。

b0170682_1458271.jpg

b0170682_1459508.jpg

b0170682_1505897.jpg


明日からは場所を変えて、ジャワ島西端の森に出かけてきます。
どんな体験が我々を迎えてくれるか、楽しみでもあり、怖くもあり...


K-5 & DA*16-50mmF2.8
[PR]
by asang | 2012-09-09 15:06 | Event
出張中でゴザイマス (#02)
日本からいらした3名の女性をお連れしての、私の仕事現場訪問出張。
週の後半は、ボゴール県南部にある国立公園に出かけます。

日の出前のAM5:30。国立公園に隣接する茶のプランテーションにて朝日が昇るのを待ちます。
文字通りの雲霧林にたちこめる朝霧が美しいです。

b0170682_13535679.jpg

b0170682_13534487.jpg


この場で待つこと20分、山の端から太陽が顔を出します。

b0170682_13544440.jpg

b0170682_13545572.jpg



朝日を眺めながら佇むKさん。
どんなことをお感じになったでしょうか。

b0170682_141842.jpg


乾季が終わりつつあるこの時期は、連日に渡って美しい朝日や夕日が目に出来て、ちょっと嬉しいシーズンです。

b0170682_1413690.jpg

b0170682_1415593.jpg


1~3枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8
4~7枚目:K-5 & DA*60-250mmF4

[PR]
by asang | 2012-09-08 23:50 | Event
出張中でゴザイマス。
一昨日の日曜日より、業務出張に出ております。
今回のお仕事は、2週間をかけてジャワ島西部を転々としながら、
日本よりいらした3名のうら若き乙女のみなさんに
私が関わる仕事の現場を体験いただくという、なんともドキドキなミッションです。

昨日と今日はジャカルタ湾のマングローブ林を回ってきました。

b0170682_23181244.jpg

b0170682_23171826.jpg


夕暮れを迎えるヤエヤマヒルギの林。
長く伸びた無数の胎生種子がお分かりになりますでしょうか?

b0170682_2319788.jpg

b0170682_2319551.jpg

b0170682_23201927.jpg

b0170682_23204569.jpg


紅く染まる空の下、小船に揺られて宿泊先の民家に向かいます。

b0170682_23212813.jpg


2週間の行程はまだ始まったばかりですが、
20代前半の希望に満ち溢れたみなさんの心に、
10年経っても思い返すことになるような大切な経験を
何かひとつでも提供できたら本望ですね。


K-5 & Tamron AF18-250mm F3.5-6.3 Di II
[PR]
by asang | 2012-09-04 23:24 | Event
みんなペンタックスが好きなんです!
先週の土曜日は久しぶりにフィルム機のMZ-7を持ち出しました。

インドネシアのペンタックス・ユーザーが集うメーリング・リストにて
「銀鉛機で撮り歩きしませんか?」との連絡が入ったのが前日の金曜日。
急な誘いではあったのですが、幸いにも集合場所がボゴールのチャイナタウンだったので顔を出すことができました。


集まったのは私を含めて7人の仲間。私以外は皆さんジャカルタからボゴールにやって来ます。

インドネシアですので、集合時間はあって無きようなもの。
朝一番に来てお昼には帰ってしまう人、お昼過ぎに合流する人、と
全員が揃うことは叶いませんでしたがとりあえず記念撮影を。

b0170682_2240659.jpg



今回の集まりの発起人となったNovaさん。
KMに50mmレンズを付けて街撮りです。

b0170682_22404243.jpg



インドネシアでのペンタックス・ユーザーのリーダー的存在であるAgaさんは
MZ-50にPolar 14mm f2.8を付けての撮影。

b0170682_22411395.jpg

このレンズ、Polar銘でしたが、Samyangというメーカーからも同じレンズが出ていますね。
1枚目の集合写真はこのレンズをお借りして撮っています。


マクロ好きのYossさんは、MZ-10とキットレンズで路地裏で屈みこんで被写体を探していました。

b0170682_22415021.jpg



こちらもKM使いのOscarさん。
路地裏で遊ぶ子供達をVivitarの200mmレンズで狙っています。

b0170682_2243272.jpg



ジャカルタからバイクを飛ばして駆けつけたTriajiさんはZ-50pをお使いでした。

b0170682_224638100.jpg



NovaさんのKM & SMC 50mm F1.2。メタリックな感じがカッコイイです!

b0170682_22435343.jpg



私は他の約束があって4時間ほどの参加となり、途中で抜けてしまいましたが、
皆は近くのカフェで夕食を取りながら写真談義に花を咲かせることになったようです。
最後までご一緒できなくて残念でした。


撮影したフィルム2本、まだ現像に出せていません。
どんな写真になっているか楽しみです。


1枚目:K-5 & Polar 14mmF2.8
2~7枚目:K-5 & FA35mmF2AL

[PR]
by asang | 2012-03-17 22:55 | Event
Add K-olor to your life (#03)
前回、前々回に続き、ジャカルタの大型ショッピング・モールで1週間にわたり展開されたペンタックスのプロモーションの様子を。

b0170682_23591653.jpg


今回の販促イベント、インドネシアのペンタックス・ユーザーで運営されている
メーリング・リストに投稿されるコメントを見てもおおむね好評だったようです。
残念ながら、交換レンズは展示即売されなかったので、それを期待していた既ユーザーにとっては不満もあったようですが、
それでもPENTAXのインドネシアでの正規輸入代理店であるAneka Warna Indah社の意気込みには、
多くのユーザーが今後を期待できると感じたようでした。


現場で待ち合わせをしたユーザー仲間のBさんが、Aneka Warna Indah社のセールス・マネージャーH氏を紹介してくれました。

b0170682_002715.jpg

H氏、ユーザーの意見に熱心に耳を傾けてくれる方でした。
カラバリのボディや、付け替え用のカラー・グリップは日本の本社からの買い取りだそうで、
ストックを切らさず、かつ、売れ残りを防ぐために、どの色が売れるのかを予想するのが難しい、とのことでした。
また、インドネシア国内でもレンズの需要はあるのに、
日本にオーダーを出しても品切れでモノが届かなかったりすることも悩みの種だとか。

いろいろとご苦労はおありでしょうが、
これから大きく拡大していくであろうこの国のデジカメ市場に向けて、躍進されるよう応援したいです。
まずはカメラが売れないとレンズが店頭に並ばず、私を含め多くのユーザーが困ってしまいますので。

ついでながらH氏のご好意で、K-rのミニチュア・マスコットを頂いてしまいました ^^)v

b0170682_012328.jpg

本当はK-rをお買い上げのお客さんへのプレゼント用で、カメラを買わないと手に入らないモノだったのですが、
欲しいなぁと思っても、そのために5万8千円出してカメラを買うわけにもいかず、あきらめていたのでした。
重ねてH氏に大感謝です。
ちなみに上の一枚はK200DとNokton 58mmで撮ってますが、この組み合わせ、やっぱり好きだなぁ。


さて、最後はお約束の販促コンパニオンのお姉さん。
とってもチャーミングなVさんに、私の心は釘付けでした... ^^)v

b0170682_05295.jpg

b0170682_06472.jpg

コンパニオンさんは代理店の社員さんではないのですが、
自前だという衣装もピンクのショートパンツにカラーボーダーのタンクトップというチョイスで
K-r販促にあわせた彼女の心遣いが感じられて、これまた好印象でした。

b0170682_065232.jpg

そういえば、上の写真で彼女の後ろに写っているPCモニター。
これを使って、その場でカラバリのシュミレーションができるように工夫されていました。
こういう細かな配慮にも、輸入代理店の販促に向けた意気込みを感じます。

これまではカメラ・レンズとも、商品が市場になかなか出回らなくて苦労を強いられてきたインドネシアのペンタックス・ユーザーでしたが、
今後はユーザーも増えて、ペンタックス旋風が巻き起こると良いなぁ、なんて期待しています。


1・2枚目:K-5 & DA*16-50mmF2.8ED AL
3枚目:K200D & Voigtlander Nokton 58mm F1.4 SL
4・5枚目:K-5 & FA77mmF1.8 Limited
6枚目:K-5 & FA43mmF1.9 Limited

[PR]
by asang | 2011-07-07 00:28 | Event