2013 カリマンタン帰郷 (#06)
雨季のこの時期はどの家庭にお邪魔しても、たいてい何らかの果物が転がっています。



箕の中にはランサッとランブータンが。
共に家の裏手のホームガーデンに植えられている果実です。



センダン科のランサッは薄皮に包まれた瑞々しい果物で、甘酸っぱい味がします。
剥いた皮からは乳白色の粘液がにじみ出てきて、とても粘つきます。



家の窓から外を見ると、まだ収穫されていないランサッが生っています。




ムクロジ科のランブータン。
やはり家の裏手に植えられていて、食べきれないほどの実がなります。
毛むくじゃらの皮を手で千切るようにして剥くと、ライチに似た実が顔を出します



こちらはドリアン。
ネチョっとした食感が私は苦手なのですが、村の人達は大好きな果物です。



落ちてきた実を拾ったのでしょう、子供達がドリアンを手にぶら下げて歩いています。


果実は人が植えたものなので一本一本の木に所有者がおり、
所有者に無断で収穫するわけにはいきませんが、
この村では、落ちてきた実に関しては誰が持ち帰っても良い決まりになっています。
ドリアン拾いは、子供達の楽しみのひとつですね。


1~3枚目:K-5 & FA35mmF2AL
4~7枚目:K-5 & DA*50-135mmF2.8ED

■  [PR]
# by asang | 2013-01-26 08:52 | Kalimantan | Comments(9)
2013 カリマンタン帰郷 (#05)
年が明けて元日は村の新年会。
近隣三村合同のイベントで、会場は毎年持ち回りです。
今年は私がお世話になっている村がホストの番でした。

村の人達は朝から着飾って、集会場の前で隣村からの訪問客を待ちます。



小さな子供達も民族衣装に身を包みます。



隣村の一団がやって来ました。
ホスト側は列を成して来客を迎え、握手をしながら新年を祝います。



3村の村人のほとんどが参加するので、列は非常に長いものになります。



こうして来客を向かえ、集会場に集まり村長や慣習法長などによる新年の挨拶があり、
その後、食事が供されます。

例年ですと昼食の後は、各村対抗の伝統舞踊コンテストが開かれていたのですが、
残念ながら今年は舞踊コンテストは行われませんでした。
村の近代化に伴って生活スタイルが変わり始めているからでしょうか、
踊れる人達も徐々に少なくなっているようです。
このまま伝統舞踊がなくなってしまうようなことにならなければ良いのですが...


民族衣装に身を包んだ若いカップル。
とても素敵だったので、恥ずかしがる二人を連れ出して撮らせて貰いました。



K-5 & Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II
■  [PR]
# by asang | 2013-01-22 23:59 | Kalimantan | Comments(4)
2013 カリマンタン帰郷 (#04)
今回の帰郷で一番雰囲気が変わっていて驚かされたのがMaike。
前回のエントリーで登場のGraciaのお姉ちゃんです。



4年前は顔立ちもふっくらしていて、まだあどけなさも残る少女でしたが...




久しぶりに再会したら、綺麗なお姉さんに成長していてびっくりでした。



高校進学を機に州都のサマリンダ市に下宿していたのですが、
都会の雰囲気になじめなかったのか不登校になってしまい、村に戻ってきました。
今は隣村に出来たばかりの高校で、1年生からやり直し入学しています。

のんびりとした性格ではありますが、両親を手伝ってよく働きます。
夕餉の支度にお米のゴミを選り分けるMaike。



大人びて綺麗になったし、働き者だし... こんな子をお嫁さんに欲しいなぁ ^^);



1・4枚目:K-5 & FA77mmF1.8 Limited
2・3枚目:K200D & FA FA35mmF2AL
5・6枚目:K-5 & FA43mmF1.9 Limited

■  [PR]
# by asang | 2013-01-18 23:57 | Kalimantan | Comments(10)
2013 カリマンタン帰郷 (#03)
姪っ子達の中でも一番小さくて、洟垂れで泣き虫だったGracia。



4年前はママのおっぱいが恋しい年頃でしたが...




すっかり生意気さんになっていました。


4年前に会った私のことを覚えているのかどうかわかりませんが、
見慣れない私に怖気づくこともなく、胡坐をかいて座る私の膝の上にちょこんと乗っかってきます。
もう、可愛くて可愛くて仕方がないです ^^)v

小学校に通うようになり、民族語のケニャ語のほかにインドネシア語も喋れるようになり、
前よりもコミュニケーションが取れるようになりました。
夕餉前のひと時を、一緒におはじき遊びなどして過ごしますが、
手順を間違う私を「叔父さん、ちが~う!」なんて叱りつけてきます。
Graciaと一緒に過ごす時間は、幸せすぎて頬がとろけてしまいそうです。


大好きなパパに抱っこされて。



民族衣装も4年前に比べて丈が足りなくなっているようです。
来年あたり、作り変えなければならないかもしれませんね。



1枚目:K200D & FA FA35mmF2AL
2枚目:K200D & FA77mmF1.8 Limited
3枚目:K200D & FA43mmF1.9 Limited
4・5枚目:K-5 & FA43mmF1.9 Limited
6枚目:K-5 & FA77mmF1.8 Limited

■  [PR]
# by asang | 2013-01-17 23:56 | Kalimantan | Comments(5)
2013 カリマンタン帰郷 (#02)
久しぶりの帰郷で何よりも楽しみだったのが、可愛い姪っ子達との再会。

4年前のまだ幼かったNatalia。



ちょっぴりお姉さんになっていました。



身体も大きくなって、伯父さんに抱っこされるのも窮屈そう。




しばらくぶりの再会で距離を置かれるかな、と思っていましたが
昔と変わらず私になついていて嬉しいです。
村に戻って最初の夜には、枕を抱えて寄ってきて「叔父さん、一緒に寝よう!」
ひとつ蚊帳のなかNataliaの寝顔を間近で眺めていると、あまりの幸せに涙が溢れます。


Nataliaは、おととしの7月に父親を癌で亡くしました。
亡くなった父親は私にAsangの名を授けてくれた三人の兄貴分の一人であり、
私にとってもかけがえのない大切な人でした。


4年前に撮ったこの写真が、父と娘が一緒に写る最後の写真となってしまいました。
A4サイズでプリントし、ラミネートしたこの写真をNataliaの家の壁に掲げました。

Nataliaに連れられて、故人の墓参りに向かいます。
今回の帰郷で最も切ない再会でした。



1枚目:K200D & FA50mmF1.4
2・3枚目:K-5 & FA43mmF1.9 Limited
4枚目:K200D & FA43mmF1.9 Limited
5枚目:K-5 & Tamron SP AF17-50mm F2.8 XR Di II

■  [PR]
# by asang | 2013-01-11 03:33 | Kalimantan | Comments(2)
< 前のページ 次のページ >